スミレの花

寒さが戻ってきた、朝は凍えるような寒さ、車のフロントガラスも真っ白だ。
ぱらついた雨、雪でも舞うかと思った午後、いつもの散歩に出かけた。

IMG_4291.jpg

岩屋堂の渓谷沿いの南斜面に”スミレ”が咲いていた、咲きそろう春も美しいが、この季節に咲いていると
尚一層に美しい、春を待ちわびる心の思いが加速されてゆくようだった。



傘は無くても大丈夫だろう。

IMG_4304.jpg

北西から吹く”伊吹おろし”が冷たい風を運ぶ、雲の流れも速い。

IMG_4279.jpg

今日も”タキちゃん”のお見送り・・・アレレ!、お腹の毛が黒く汚れている、用水路に落ちたのかも。

IMG_4282.jpg

表羽は大丈夫だった、洗ってあげたくなる可愛いタキちゃん、”散歩に行って来ます”と声をかけて畦道に向かう。

朝は冷え込みがキツイ、田の中の日陰部分は氷が張っていた。

IMG_4284.jpg

霜焼けした葉っぱだが花を咲かせていたヒメオドリコソウ、フグリは花を閉じていた。

IMG_4283.jpg

ホトケノザの葉も霜焼け状態、草紅葉のような姿にピンクの花だけが鮮やかだ。

IMG_4285.jpg

タネツケバナも寒そうだ、真っ白い花を閉じて寒さに耐えている。

IMG_4287.jpg

散歩道の梅も一輪だけ咲きかけていた、市内とは2~3度も気温が低い里山、梅の開花も遅い。

お寺に寄り道、セリバオーレンと節分草の様子を探る。

IMG_4290.jpg

セリバオーレンは満開状態。

IMG_4288.jpg

斜面に所狭しと小さな花たちが真っ白い姿を魅せてくれていた。

節分草は今年も見当たらない、昨年は葉だけだった、盗掘されたのかも知れない、2月の末まで待ってみよう。

岩屋堂公園の中を散策した、冬枯れの景色とスミレの花に癒されて終了、帰り道、森の出口にエナガが群れる。

IMG_4295.jpg

モミジの枯れ枝と地面を忙しく行き来する。

IMG_4293.jpg

いつ出会ってもこの可愛さは最高だ、誰にでも人気のエナガ、marukeiもお気に入りの野鳥。

IMG_4302.jpg

コゲラも餌さがしに余念がない、我が家の子鳥たちにも食べ物を差し上げよう、帰り道は板長メニューを考えながらだ。
”ナスとピーマンのオイスター炒め”は決まった、後2品、”美味しい”と誉めてもらえる料理にしよう!

コメント