「T・T・A・P」

訳の分からないタイトル、これは有名な”◯太郎”さんの、「PPAP」にあてつけたタイトル。

”T(大変)・T(疲れて)・A(あきれて)・T(溜息)”・・・この日のmarukeiだった。

養母の診察日、妻が事前に約束させていた、迎えの時間を守るように準備してくださいと。
着替え、トイレ・・・準備不足、モタモタで出発が遅くなった、そしてT(大変)にT(疲れる)ことが発生。

”マスク”はどうした?、探し始めた、目の前にマスクの箱がある、”そこにあるじゃない!”、違うと言って探す。
古いマスクを探している、どんどんと時間が経過する、”頑固””強情”・・いい加減にしてくれ!!

仕方がないのでmarukeiの予備用の新しいマスクを渡して、”これにしてください”、人のものは素直に受け取る。

診察20分前に到着、患者でごった帰す、予定より15分遅れが痛い、殆どが患者さんは”インフルエンザ”みたいだ。
ようやく診察終了、医師に呼ばれた、”不整脈”が活発、相談の結果強い薬の毎朝の服用が決まった。

16番目の診察、その前の診察者はインフルエンザの患者さんだった、養母に言った、薬に時間がかかるので
車で待ちましょう・・「当たり前だ、感染したら大変だ、そうしてチョウダイ!」、marukeiのコメカミに青筋が浮く。

marukei言った、”それなら何でマスク忘れた”、偉そうに言わないでください、”養母撃沈”
A(あきれた)・T(溜息)・・・これが「T・T・A・T」の出来事の内容だ。

IMG_4390.jpg

疲れ果てた午後、オシドリを写しにいつもの池へ、前回のオシドリ記事、ブロ友さんから2羽いるはずと
教えを受けた、必死に探したが、やはり1羽しか見つけられない、「はぐれオシドリ純情派」だった。




医者から帰って、薬の飲み方など等を説明して帰ったら疲れがどっと襲ってきた、昼食後にひと眠り。
起きたら午後の遅い時間、短距離散歩にした、隣の町内から雑草地帯経由でいつもの池へ。

IMG_4378.jpg

marukeiの心を映すようなドンヨリのお天気、名古屋市内方面も霞む、遠くにオシドリ発見、池の奥に歩いた。

IMG_4395.jpg

単独で毛ずくろい中、おもちゃが浮かんでいるように派手で美しい。

IMG_4394.jpg

愛くるしい顔、距離は40m、光学100倍の威力発揮。

IMG_4387.jpg

ヨシガモやオオバン達とも一緒にならない、単独でいる、そして、あまり動かない。

IMG_4389.jpg

ヨシガモが近づいても興味なし。

IMG_4400.jpg

静かに浮かぶだけ、撮影には丁度良い。

IMG_4405.jpg

デジタル倍率ON、2000mm相当、やはり手振れで荒い、我がコンデジは光学倍率で写すのが正解。

IMG_4397.jpg

池の脇などを探したが、やはり1羽しか見当たらない、どこかに隠れているのかも?
曇った心も晴れて癒された、オシドリさん有難う!、カワセミが飛んできた、良い場所には停まらない。

IMG_4409.jpg

枝だらけ、証拠写真レベル、ピントが合った方だ、合わせはナイス!

IMG_4418.jpg

marukeiの近くに移動した・・・しかし、今度はカヤトが邪魔、上手く行かないものだ。

IMG_4415.jpg

スッキリした枝に移動した、今度は遠い、”ジャボン”、ダイビングして魚をくわえて見えない場所に飛んで行った。

8月がくれば95歳、不整脈と高血圧以外の身体は健康、認知症の進みも遅い方だ。
はてさて何歳まで元気でいるか、marukeiと妻の「T・T・A・T」は続く!

コメント