滝の虹に見惚れる

いつもはパスする岩屋堂公園の上部まで歩いた、滝を覗いたら”虹”が出ていた、美しい!

IMG_4491.jpg

美しさを強調するためにコントラストが強い”極彩色モード”で撮ってみた、”ドンピシャ!”虹が綺麗に撮れた。

この滝に虹がかかるのは一定の条件がある、午後の太陽、光の入射角が合わないと出ない、良い時間に当たった。



腕の傷みは続いている、猫背矯正のため顎を引いて背中を伸ばして歩く、スピードは出ないが疲れない。
岩屋堂公園に歩いた。

IMG_4474.jpg

人がいない静かな空間に、”空き缶風鈴”の回る音がカラカラと響く。

IMG_4480.jpg

冬になって清い流れになった鳥原川、澄んだ水の流れをみていたら久しぶりに滝を見たくなった。
上流に歩いた行ったら左岸の落石対策の工事が終わって通行止めが解除されていた。

IMG_4508.jpg

急斜面の岩や石に金属ネットをかぶせてあった、これで安全に歩ける、有難い。

IMG_4479.jpg

流れの音、野鳥の声、渓流の様・・・自然の景観に心が落ち着くのは何故だろう、たっぷりのマイナスイオンを浴びる。

             IMG_4498.jpg

瀬戸大滝に到着、ここから先は通行止めの表示、人は歩けるので鳥原堰堤の上部まで歩いて野鳥を探した。
戻って右岸に降りた、上部から見えなかった滝の下部に”虹”がかかっていた。

IMG_4481.jpg

絞り優先で撮ってみたが”虹色が冴えない”、コンデジのアラカルトダイヤルから極彩色モードに設定。

IMG_4482.jpg

”正解”、滝にかかる虹色が鮮明に浮き出た、光のスペクトル、波長の違いで色が変わる、素晴らしい。

IMG_4484.jpg

ズーム端撮影、キャンバスの絵みたいな画像になった、シャッター優先で撮ろうとしたらダイヤルでの変更が出来ない。
壊れたみたいだ、ショック!、マニュアルモードが使えない状態、修理を考えるか、買い替えるか、悩みが発生!

            IMG_4488.jpg

瀬戸大滝全体を写して撮影終了、右岸を歩いて帰りに着いた、野鳥も撮れた(次回の記事で紹介)。

腕の痛み、湿布薬での皮膚のかぶれもひどい、右肩が極端に下がっている、長い運転も辛いこの頃。
自宅からの散歩が当たり前になっている、野鳥写真など同じような写真が続く・・・”ご勘弁あれ”

コメント