花・華・花 - (後編)

グリンピアから東谷山フルーツパークに向かった、遠くは無い、自宅への帰り道の途中である。
目的は”福寿草”だ、前回に訪れた時は増設された場所に2輪ほど開花していたが少し冴えない。
沢山の花が咲き出すころを狙っての再訪だった。

IMG_4829.jpg

期待していた通りに美しい春の花を咲かせてくれていた。
既存の場所も増設された場所も”黄色く輝く”おめでたい名前の春の花が咲いていてくれていた。



池側の駐車場に停めて福寿草の咲いている場所を目指す、山茶花の生垣沿いの梅園
前回の時はここで”トラツグミ”を見た、昨年も同じ場所、餌場なのだろう、見渡してみた。

IMG_4820.jpg

直ぐに見つけることが出来た、ここが餌場なんだ。

IMG_4836.jpg

ここの梅園は歩道沿いにある、人が通るたびに生垣に隠れたり戻ったり忙しいトラツグミ。

IMG_4821.jpg

嘴に土をつけたまま何処かを見ている。

IMG_4818.jpg

つきあってたら福寿草を撮る目的にそぐわない、お別れして福寿草の場所へ急いだ。

IMG_4827.jpg

力強い勢いで蕾が土から顔を出す、午後の光りに照らされた花は美しい。

IMG_4830.jpg

職員の方が世話や整備をしてくれている、場所がわからずにいた時、センターの事務室を尋ねてお聞きした。
新卒の若いお姉さんがわざわざ案内してくれたことを思い出した、名古屋市の職員の方だった。

IMG_4833.jpg

北国育ちのmarukei、福寿草は家のまわりや通学路に当たり前に咲いていた。

IMG_4831.jpg

福寿草、ネコヤナギ、コブシなどが一斉に咲き始めると”春が来たんだ”と嬉しくなった幼いmarukeiだった。

満足したので園内散歩は止めて梅園を突き抜けて駐車場へ歩いた。

IMG_4834.jpg

白い”ボケの花”も開花しだした。

IMG_4844.jpg

負けじと”赤いボケの花”・・・marukeiの脳味噌は”ピンボケの花”、このところ物忘れがひどくなった。

幸いに膝の痛みは少ない、右腕は相変わらず重くて付け根が痛い、庇うので左腕も痛い。

”アァ~・・・歳はとりたくネぇ~~!”、と言っても仕方がない、鍛えよう我が身体。

コメント