「ネコノメソウ」、咲く

朝から雨・・・鬱陶しい、そして午前中は嫌なことがあった。
昼食後は”ふて寝”を決め込んだ、目が覚めたら午後2時過ぎ、雨は止んでいた。

傘を持っていつもの散歩道へ、気晴らしにもなる、畦を歩かずに岩屋堂へ向かう車道を歩いた。

IMG_5432.jpg

気の早い”ネコノメソウ”がポツンと咲き出していた大好きな野草だ、数年前の転落事故は
”トウノウネコノメ”という固有種を求めての彷徨いから起きた、今は普通のネコノメソウでも大満足だ。



急速に雲が木々の中から上空へと上がる。

IMG_5426.jpg

雨は止むかもしれない、それでもグズグズしてはいられない、心も晴れない。
車道を急ぎ足、毎年に咲くネコノメソウを探しながら歩く、ほどなく小さな黄色を見つけ出した。

IMG_5431.jpg

四つの小さな黄色が可愛らしい、大きなヒバの木の下、”ボタボタ”と葉に溜まった雨が落ちてくる。
ピントを合わせるのも大変なのだが雨粒が邪魔をする、心の調子の悪さがすべてに影響しているのだろう。

IMG_5429.jpg

狙った位置に画角は入らず・・・あきらめてカメラを収納した。

先日見た”節分草”が気になった、咲いている数は増えただろうか。

IMG_5433.jpg

雨にしおれていたが美しく咲いていた。

IMG_5434.jpg

蕾をふくめて8輪、花の数は増えていた、これが今年の花数の全てかもしれない。

IMG_5437.jpg

福寿草は花を閉じていた、”ミツマタ”の花芽が黄色く膨らんで来ていた、もうすぐ開花する、早く見たい。

雲行きが怪しくなってきた、降り出すかも知れない、いそいで歩き始めた。

IMG_5445.jpg

まるで墨絵の世界のようになってきた、風も吹いて寒い、気温は6℃くらいか?

結局は心も天気も晴れなかった午後、雨は再度降ってきた、その夜は”雨音の子守唄”を聞いて眠ってしまった。


コメント