一年ぶりの道

菓子パンを買いに歩きに出た、30分かかってコンビニに到着、しかし、お望みのパンは売切れだった。
無難なパンを2個買ってポシェットに入れたら何処歩く?、そのまま自宅へ戻るつもりもない。

一年ぶりの道を歩くことにした。

IMG_5413.jpg

このところの暖かさで”ユキヤナギ”が咲き出していた、途中から一年前と違う道を歩いたりした。
結局は7km近い距離を歩くはめになった、自宅へ戻った時はヘロヘロ状態になっていた。


いつもの散歩道の畦を突っ切ってコンビニに向かうが、畦の手前の雑木林に野鳥が見え隠れする。

IMG_5408.jpg

ベニマシコのお嬢様だった、条件が悪いので撮影に苦労した。

IMG_5407.jpg

この頃はマイフィールドにも姿を見せないベニマシコ、餌を求めて場所を移動していた。

コンビニに行く前に早くも時間を使うmarukei、反省して真っ直ぐに向かった・・・が・・・。

もう少しで到着というところでまたしても野鳥の姿を発見、カメラを取り出した。

IMG_5410.jpg

アオジのお嬢様だった、位置を変えるので追いかけ回した、ようやく1枚写せた。
この時間が手痛かった、コンビニへ入店してパンのコーナーへ・・・前のお客さんが持っていたのは狙いのパン。
そして棚には無かった、売切れだ、第二目標も売切れ、撮影時間がいけなかった。

コンビニを出てどちらに向かうか迷った、右に歩けば井山の里経由、歩きなれた道だ。
そうだ!、一年前に歩いて迷って彷徨った道があるではないか、左に曲がって向かった。

IMG_5412.jpg

スイセンが可愛く咲く細道を右に曲がったり左に曲がったりしながら目的の道に入った。

IMG_5415.jpg

ここは息子たちが通った中学校へ通じる裏道、昔ながらの品野地区風景が残る細道。

IMG_5414.jpg

道端のユキヤナギが咲き出していた、葉はまだ赤っぽいが春を彩る代表的な花、もうすぐ真っ白な雪の華を咲かせる。

トンネルを潜り、中学校の裏手から行った事の無い道を歩いたら行き止まり、県有林に道型、突入した。

IMG_5416.jpg

竹林から道は少し広くなって森へ続いていた、そして一年前に冒険した鉄塔が見えた、もう大丈夫だ。

IMG_5417.jpg

鉄塔手前の高台から猿投山方面を遠望、天気は悪くなる一方だ、下に道が見える、戻るのも面倒なので
崖の上を歩いてどうにか降りられる場所から木の枝につかまって下に降りた。

IMG_5418.jpg

崖の地層が良くわかる、これが陶磁器の原料になる”陶土”だ、瀬戸の丘はこんな陶土のかたまり、勉強になった。
ここからは一年前に1時間も迷って彷徨った地区へつながる、記憶に問題なく小学校へ出る道を歩いた。

IMG_5421.jpg

蕾の硬い桜の木の下で休憩、授業中なので静かな校庭だった、大分歩いた、6km近い距離だろう
足が疲れてきた、小学生の通学路で自宅へ戻る。

IMG_5424.jpg

距離を短縮したいので民家の脇の細道を歩いたら、赤いボケの花が咲いていた、儲け物だった。
カメラをしまってトボトボと足を動かして自宅へ戻った、早足なら20分、子供の足でも30分・・・marukeiは40分。

それだけ足が疲れていた、たかが”菓子パン”、されど”歩く菓子パン”は疲れのおまけつきだった。
戻ったら雨が落ちてきた、これだけが救いだった、コーヒーを飲みながら食べた菓子パンは美味かった!

コメント