「新靴良し!」・・・されど鳥運悪し!

2年半履いていた散歩靴が壊れた、るんるんの新靴を調達した、履きはじめは海上の森にした。
いまだ出会えない”ミヤマホウジロ”の出会えるかもしれない。

新靴は直ぐに足に馴染んだ、歩きも快調・・・しかしながら鳥運は最悪だった、ヒヨドリの姿さえ見えなかった。

IMG_5538.jpg

山間の海上の里、紅梅も白梅も咲き出してカラフルな色彩の風景になりつつあった。

楽しく歩けりゃそれで良し、新靴お試し散歩は上々だった。



まずは駐車場裏にある”バッコヤナギ”の開花状況を調べに向かった、ベニマシコが鳴いていたので探した。
真っ赤な色をしたオス発見、しかし、AFが合う前に飛んで行った、出だしから鳥運無し。

IMG_5531.jpg

硬い冬芽が弾けていたが花はまだ咲いていなかった。

IMG_5530.jpg

バッコヤナギの雄花が弾けると美しい姿になる、赤と黄色の弾けた姿は本当に綺麗だ、もう少し時間がかかりそうだ。

四ツ沢から奥へ、昨年、一昨年にミヤマホオジロと出会った場所で少し待ったが気配はなかった。
篠田池方面も同様、鳥の声すら聴こえない、今年になって訪れた日は全て鳥運無しだ。

戻って市道をサテライトまで歩いた。

IMG_5533.jpg

ヤマウグイスカグラの開花した花数は少しだけだが増えていた。

IMG_5534.jpg

葉が茂り、下向きに花をつけるのだが、今年は葉が出る前に花をつけている、下向きの花が無いのも珍しい。

サテライトを過ぎ、海上池を過ぎても野鳥の姿なし、4差路まで歩いたが”野鳥ゼロ”、こんな日も珍しい。
新靴だけは絶好調、痛むところも無し、後は中敷を敷いて試すだけだ、ゆっくり歩いて駐車場に戻った。

”ヒィ!、ヒッ!”とジョウビタキの声。

IMG_5539.jpg

縄張りの主、ジョビ嬢が近くに来てくれた、野鳥ゼロは解消、ありがとう!、ありがとうのお嬢様だった。

散歩靴、雨上がりの散歩から帰って靴を脱いだら靴下ビショビショ、靴底と本体の間が両方とも敗れていた。
ウォーキングシューズが壊れた、2年半履いた靴、考えてみれば年間300日以上は散歩している
少なく見積もっても日あたり3kmは歩く、従って2年半では2,000km以上歩いていることになる、壊れて当然だ。

IMG_5545.jpg

新靴はゴールデンベアのスポーツシューズにした、今までは山道などを意識して硬い靴を履いていた。
しかし、散歩は舗装道路が多い、反発も大きい、柔らかい靴の方が履きここちが良い、ワゴンセールで安価だった。

どんどん歩こう、一年生みたいなmarukei、「新靴履いて元気よく!」・・・散歩は続く。


コメント