「弾けた!」、ネコヤナギ

「デブデブデブ」、これは体型を揶揄した言葉ではない・・・残念ながらmarukeiの足音なのだ。
つい最近までは、「ドスドスドス」だったはずだが、身体が重い、体重を支える足が痛い・・・。

耐えながら歩いた畦の外周道、ピンクネコヤナギの雄花が「弾けた!」

IMG_5725.jpg

ネコヤナギは単なる毛のかたまりでは無い、弾けると、”赤や黄色”で彩られる、”美しい!”



自宅を出て直ぐに感じた身体の重さ、一歩進むたびに足の裏、太ももが悲鳴を上げそうだった。

IMG_5703.jpg

ジョビ男君のお見送り、ジョウビボールを見るのも何回もあるまい、渡りの時期が近づいてきている。

IMG_5726.jpg

気の早いトキワガゼが一輪咲く畦道、撮影のために停まるのが嬉しい、歩き出すと「デブデブデブ」
体重を支える両足が文句を言う、”お前さん昼飯何食った!”、かけうどんとから揚げ、たいした量では無い。

IMG_5727.jpg

サンシュユの蕾が膨らんでいた、暖かい日が続けば咲く日も長くは無いだろう、大好きな花の一つだ。

一昨日は歩きも快調だった、足音も「ドスドスドス」で済んでいたのに・・・・・。

IMG_5720.jpg

絵になりまへん、「梅にウグイス」とか「梅にメジロ」なら良いのだが。”梅にムクドリ”・・絵になりまへん!

気持ちに鞭打って外周道を歩く、早く帰りたいのだが、頑張る!

IMG_5718.jpg

ヒメリュウキンカが咲き乱れる里、いつもの畦の隣の里、無理して歩いてきた、引き返すことにした。
萎えそうな気持を奮い立たせてたどり着いたいつもの畦道、賑やかなお喋りが少々五月蠅い。

IMG_5721.jpg

どんだけ居るんだ雀達、チュンチュン、チョビチョビ・・”やかましい!”
少々イラついていたので”チュン!”とmarukeiが鳴いた、反応が無いので大きな声で鳴いてみた。

IMG_5722.jpg

慌てて逃げ始めた雀達、少々いやらしいmarukeiだったが、気が晴れたのも事実だった。

目的のピンクネコヤナギの場所に到着、雄花の弾けた姿を期待した。

IMG_5723.jpg

弾けた雄花が一つ二つあった、綺麗だ!、美しい!、そんな形容があてはまる姿だった、大満足したので
「デブデブデブ」と悲惨な足音を鳴らして帰りに着いた。

風呂上りに乗った体重計、乗る前から恐ろしかった、「増量」、心地よい言葉なはずだ。
スーパーなどでの特売、本日限り同じ値で「増量」なら大変喜ばしい、しかし・・・

体重計のデジタル数字は「1、7kg増量」を示した、この増量は嬉しくない、「デブデブ音」の正体だった。

対策を練らなければならない、原因の一つは”おやつ”だろう、量を減らすか・・・意思の弱さとの戦いが始まりそうだ。


コメント