「河津桜を愛でたくて」

ブロ友さんの方々がどんどん河津桜の写真をUPしておられる、どうしても愛でずにはいられない。
我が家から一番に近くで見れる場所は東谷山フルーツパーク、2本の河津桜が植えられている。

IMG_6053.jpg

満開を少し過ぎてはいたが、美しい桜色の世界だった、来てよかった。


東京はソメイヨシノの開花が発表された、当地は蕾が膨らみかけている状態。
桜の花が大好きなmarukei、早咲きの河津桜を愛でに勇んで出かけた、梅園をパス、河津桜へまっしぐら。

IMG_6052.jpg

”綺麗”、”美しい”、”愛らしい”、そんな形容しか出てこない。

IMG_6051.jpg

桜の花は人の心を”ざわめかせる”魔力がある、出会いと別れの季節をとり持つ花。

IMG_6047.jpg

河津桜の隣に咲いていた”ツバキヒガンザクラ”、淡いピンクの花色、派手さは無いが清楚な花を咲かせていた。

満足したので園内一周、春の花たちの観賞、増々と進む春があった。

IMG_6054.jpg

菜花が満開、歩く人々の足を確実に止める黄色、地面に座ってスケッチをしている方の目線には。

IMG_6055.jpg

ユキヤナギの真っ白な花。

IMG_6056.jpg

満開には時間がかかりそうだが、真っ白な生垣ができるのもそう遠くはなさそうだ。

果樹園を抜けて小さな庭園沿い、甘い香りが漂う。

IMG_6059.jpg

爽やかな香りがする、沈丁花の香りがする香水を思い出した。

IMG_6061.jpg

ハクモクレンが今にも花を開かせようとしていた。

IMG_6066.jpg

トサミズキが満開、どの木も花飾りのような小さな花を幾重にもぶら下がる姿は美しい。

snoufureiku.jpg

いつもは下向でぼんぼり状態のスノウフレークが顔を上に向けていた、綺麗な花だったんだ。

直売所に立ち寄ってから反対側の外周を歩いた。

IMG_6070.jpg

シバザクラがお日様に輝く外周道・・・急ぐ気持ちにならない、きっと我が顔が微笑んでいるのだろう
行きかう人が優しい顔で挨拶してくれる。

梅園の横から出口に向かった、水の無い小さな池の周りには春の野草が咲いていた。

IMG_6068.jpg

「白花タンポポ」、幼いころはこの白花タンポポと黄色いタンポポが同じように咲いていた。
日本タンポポだ、今では珍しい「白花タンポポ」、西洋タンポポを見慣れたせいか、より一層に愛らしく感じた。

IMG_6074.jpg

”ヤハズエンドウ”が花を咲かせていた。

yahazuendou.jpg

花が咲けば昆虫たちもやってくる、自然界の共存は素晴らしい。
一般的には「カラスノエンドウ」と呼ばれている野草、こちらの呼び方の方が慣れ親しんでいて良いのかも知れない。

春の花が溢れてきていた東谷山フルーツパーク、果樹園の木に花が咲けばより賑やかになる。
園内では梅祭りの準備が進む、野外テントが並ぶ、土曜、日曜は混雑しそうだ。

ここだけでは歩き足りないので隣の愛知県森林公園、一般公園駐車場に向かった。

コメント