「しとしとぴっちゃん」

昨日、買い物に出かけたら”ポツンポツン”とフロントガラスに雨粒があたる、予報は午後からだったのに・・。
自宅に戻ったら雨足が少し強くなった、昼食後に一休みのつもりでベッドに潜った。

「しとしとぴっちゃん」と雨音がする、雨音の子守唄に弱いmarukei・・・眠ってしまった。
午後2時半に目覚めたが身体がまだまだ眠い、雨は小降りになって居た。

IMG_6249.jpg

眠気は散歩で解消、傘をさして出かけた、新芽のふいた木々が雨粒を抱く、寒い寒い日だった。


時間の余裕もなし、ましてや雨降り、妻の早朝ウォーキングの道程の半分だけ歩くことにした。

IMG_6243.jpg

自宅から用水路沿いに20m、土筆が嫌と言うほど顔を出す、こんな近くにあるんだ、普段歩かない道なので
認識不足だった、近くの道の駅で1パック¥150で売っている、この用水路周りで10パックは採れそうだ。

IMG_6244.jpg

住宅地なので庭先の花が多い、落ちる雨を抱えた花は美しい。

IMG_6245.jpg

レンズを拭き拭き写す花々、つい雨粒に触ってみたくなる。

IMG_6246.jpg

サンシュユは花の奥に雨粒を溜める、光が無いと輝かないサンシュユの黄色、やはり晴れた日が良い。

IMG_6247.jpg

空地に群れ咲くホトケノザ、雨粒を綺麗に抱え込む、透き通った粒が美しい。

あっというまに残りの距離が少なくなる、とても寒い、気温は10度を下回る、頬と手が冷たい。

IMG_6248.jpg

レンギョウ。

IMG_6250.jpg

ムラサキカタバミは寒さで花を閉じ初めていた、前の日は20度近くまで気温が上がった、春は足踏み状態。

瀬戸市の取り組みで災害時に避難する場所を積極的に推進している、大きな灌漑池を半分埋め立てていた。

IMG_6251.jpg

半年以上かけてようやく工事が済んだ、備蓄小屋、太陽光の電燈、駐車場つきの小広場だ
各町内毎に整備が進んでいる、東南海地震を想定している、素晴らしい取り組みだと思う。

この池はカモの飛来が多かった池、雨水しか貯まらないが少しずつ水が貯まりだした、良く見るとカモが居た。

IMG_6254.jpg

ヒドリガモだ。

IMG_6255.jpg

雌も近くにいた、北へ帰る途中の羽休めかも知れない。

IMG_6258.jpg

綺麗なブルーの翅の”コガモ”も一羽、雨の日に出かけた幸運だろう。

IMG_6260.jpg

落ちる雨が水面を叩く、カモ達も仲良く泳ぐ・・・近くで撮りたいので歩いたら、ビックリして飛び立ってしまった。

止っていたら身体が冷えてしまった、カメラをジャンパーの中に入れて自宅まで5分少々。
頬を触ってと妻に催促・・・”ヒェ~!、冷たい!”と妻、それほど寒い午後だった、関東では雪が舞ったとTVニュース。

サクラの開花も足踏み状態、春は少しだけ遠のいた。

コメント