ソメイヨシノが開花

岩屋堂、浄源寺の前にあるソメイヨシノの老木。
里の桜並木も岩屋堂の桜も開花していないが、この老木だけが開花した。

IMG_6418.jpg

ようやく開花したソメイヨシノ、桜じゃ桜じゃ、日本の春じゃ!

昨年の写真を見たら岩屋堂のソメイヨシノは3月28日に満開だった、昨年より一週間以上も遅い開花だった。


前々日に桜を追いかけたが咲いていなかった、気温も高いので期待はしていたが
桜並木を訪ねるのは後にしよう、いつもの散歩道へ出かけた。

IMG_6397.jpg

畦の午後は光に輝く、緑が多くなってきた。
畦沿いの枝垂桜の並木は赤く見えないが、とりあえず寄ってみた。

IMG_6403.jpg

数十本の枝垂桜の一本が花開いていた、期待していなかったので嬉しさ倍増だった。

IMG_6404.jpg

一所懸命に花を数えたら6つ咲いていた、いつもの散歩道へ来てよかった。

IMG_6412.jpg

テントウムシも忙しい、春の畦は賑やかになって行く。

IMG_6415.jpg

フキノトウの花を見つけた、何年も畦を歩いていたが、フキノトウがあるのを知らなかった、儲けた気分。

IMG_6409.jpg

コチドリの夫婦が”ピヨピヨ”と鳴く、田んぼに水がはられると本格的な子育てが始まる。

岩屋堂へ向かった、お寺の境内をパスして進むと入り口の桜の老木が淡いピンクに見えた。

IMG_6419.jpg

ソメイヨシノの開花だ、ようやく咲いた桜に感激、この老木だけが開花していた。
他の木は蕾が膨らんだ程度だ、名古屋より一週間以上遅い桜の開花は当たり前だが、今週には咲き始めるだろう。

IMG_6427.jpg

まだまだ枯れ木色の岩屋堂公園だが、道端などは春の装い。

IMG_6422.jpg

ヘビイチゴが咲き出した。

旅館の前の桜も綺麗に咲きそろう。

yezakura.jpg

白色の八重桜だ、満開近い状態、しばし見惚れてしまった。

IMG_6432.jpg

桜も開花したばかりなのに、桃の種であろう一本の木が花を咲かせ始めた、淡いピンクの柔らかな花。
北国では無いのに何故か一斉に春を告げているような・・・。

帰り道、珍しいランの状態を見に行った、場所がわかっていても探すのに苦労する小さな小さな”着生蘭”

kumoran.jpg

「クモラン(蜘蛛蘭)」、樹木に着生するラン、葉もない、根が蜘蛛の足のようだ、全体でも2cmくらい
花茎は1cmも無い、白い1mmくらいの花を咲かせていた。

賑やかになったいつもの散歩道、歩く速度も遅くなる、歩いての減量はあきらめよう、楽しく歩けばそれで良し!

コメント