「お主・・何者じゃ!」

正体はバレている。

IMG_6497.jpg

「雉も鳴かずば撃たれまい、探せまい」、さすがに♂の雉、警戒鋭く辺りを見まわす。



カップヌードルが出来上がる時間が経過・・・出てこい!、出てこい!

IMG_6490.jpg

電柱に身を隠して待つこと3分少々、ようやくお出ましだった。

IMG_6493.jpg

安心したのか畦の土手で餌を探し始めた、雨の合間は彼らにも大事な時間だろう。

午前中は養母の定期健診、何につけ疲れる、雨は午後になって小降りになった。
散歩しなけりゃネタも無し・・・傘さして歩きに出る。

畦道は風が吹き抜ける、傘が捲れてしまう、難儀していたら雨が止んできた。

IMG_6474.jpg

増水した川からは餌は採れない、護岸の隙間を覗いて餌さがし、ダイサギも難儀。

IMG_6475.jpg

浮かんでいたカルガモも早い流れに対応できず、岸辺に上がって来た、カルガモも難儀。

降る雨に身を隠していただろう蝶も舞いだした。

IMG_6488.jpg

止んだと言っても霧状態、レンズが濡れる、ベニシジミを撮るのに何回も拭き拭きする、marukeiも難儀。

難儀どころか喜び勇むものが遊び出す、水があればどこでもお構いなし。

IMG_6487.jpg

田んぼから溢れた水が道路を流れる、アメンボは大喜び、”スイスイ、スイスイ”

IMG_6485.jpg

北に帰らぬツグミよ・・・何を見て何を考える、何羽も田んぼの中で餌さがし、難儀はしていなかった。

またもや降り出してきた雨・・・カメラを収納して傘を開く、そして黙々と歩き続けた。

IMG_6504.jpg

いつもの池付近、エナガの囀りが聴こえる、光が足りない、傘も邪魔、感度を上げてもこれが精一杯。

この日もカワセミの恋の囀りが聴こえた、遠くの遠くに彼はいた。

IMG_6505.jpg

別の場所で♀の鳴き声は聴こえているが、恋は成就していなさそうだ、雨でも頑張れ男の子!

IMG_6433.jpg

何も居なくなった池だが、ホシハジロが5羽遊んでいた、旅の途中なのかもしれない、少しだが賑わって嬉しい。

”散歩=写真”、”写真=記事更新”、身体の為、そしてblogのためにmarukeiの歩みは続く・・・。

コメント