「高らかに縄張り宣言」

わずかな期待、そろそろ渡って来るとおもわれる夏鳥。
岩屋堂の渓谷の上部、遠くから一年ぶりに囀りが聴こえてきた。

IMG_6845.jpg

「オオルリ」が渡って来た、待望の夏鳥、じっとしていない、木々を移って縄張りを宣言していた。
確認できたのは2羽、みんな遠くに停まる、100mは離れていた、嬉しい散歩になった。


いつもの畦道、春色が濃くなっていた。

IMG_6723.jpg

”オオジシバリ”が畦に仲間入りしていた。

IMG_6721.jpg

カラスノエンドウは最盛期、どの畦にも群れなして咲いている。

IMG_6724.jpg

クローバーの花も増えだした、少しピンクのツメクサも可愛い。

IMG_6720.jpg

キュウリグサも探すことなく見つけられる、可愛い花の勢力が広がる。

IMG_6728.jpg

田んぼに”イカル”、初めて見た、虫でも食べるのか、木の上以外のイカルはあまり馴染まない。

IMG_6729.jpg

ヘビイチゴは早、赤い実の赤ちゃんを抱えていた。

tatiinunofuguri.jpg

”タチイヌノフグリ”を見つけた、オオイヌノフグリと似ているが葉が違う、花も小さめだ、これも嬉しい出来事だった。

畦道を抜けてお寺の境内に向かった。

IMG_6731.jpg

八重桜が咲き出した、七重八重に折り重なる花の美しさ、青空に良く映える。

寺の入り口近くの雑草地帯に蝶が舞う。

IMG_6712.jpg

キタキチョウ、今年は良く見かける、黄色い表翅も美しいが閉じたままだった。

IMG_6735.jpg

山門のモミジにシジュウカラが遊ぶ、新緑の季節は野鳥を写すのに難儀する、モミジの花と遊ぶ可愛い野鳥。

IMG_6736.jpg

カタクリたちもまだまだ元気に咲いていた、株が増えた、全体で11株、昨年の倍以上だ、嬉しい出来事。

公園に入って旧プールの場所に着いたら遠くから”オオルリ”の囀りが聴こえてきた、必死に探した。
100m以上離れた高枝に彼はいた、逆光、遠い距離・・・写したが写真にならない。

IMG_6834.jpg
  (証拠写真:姿はわかるが・・・)

そして直ぐにいなくなった、昨年に縄張り争いをしていた渓谷の上部まで歩くことにした。

IMG_6849.jpg

キセキレが慰めてくれた、渓谷の左岸はまたもや通行止め、落石危険らしい。
落石危険場所はわかるので手前まで歩いた、そして耳をそばだてた、”聴こえるヨ、囀り”、探した。

IMG_6844keito.jpg
 <トリミング画像>

100m先の高い枝で”縄張り宣言中”、シャッターチャンスは1回だけだった、縄張りを広げるために移動が激しい。
やがていなくなった、確認できたのは2羽、これからどんどん渡って来る、賑やかになる岩屋堂。

momijiitigo.jpg

咲き出した”モミジイチゴ”、好きな春の野草、何もかも嬉しい出来事があった午後の散歩だった。

家路につく足取りも軽い、この軽快感は”幸せの青い鳥”から貰ったのかも知れない。

コメント