オオルリ囀る散歩道

いつもの散歩道、自宅から200m先に小さな雑木林がある。
そこで囀っていたのはオオルリ。

IMG_7003.jpg

こんな自宅近くで見るのは初めてだった、岩屋堂と山続きではあるが、民家のすぐ側まで縄張りを広げる。
ちょっとした彼の気まぐれかも知れない。


町内で一番遅咲きの桜が咲いた。

IMG_7118.jpg

大きな目をしたクマバチがこれも大きな花粉玉をつけて桜の吸蜜に忙しい、この桜は4月一杯楽しめる。

県道に出て直ぐにオオルリの囀り、岩屋堂から2km近く離れている住宅地の側の雑木林。
この地に住んでここでオオルリの囀りは初めての経験、直ぐに見つけたが連写中に移動した。

IMG_7140.jpg

遠くの木、そして枝の間だ、これが精一杯、嬉しい誤算に顔が喜ぶmarukei。

畦に入る前に野草を愛でに寄り道した。

IMG_7008.jpg

ドウダンツツジが白いボンボリをぶら下げはじめた。

genpei.jpg

イカリソウもぶら下げる、ゲンペイイカリソウかも?、紫が綺麗だ。

IMG_7006.jpg

キバナイカリソウも美しい、野の花、山の花は特別だ。

IMG_7012.jpg

ヒトリシズカは葉を全開、舞台を広げる、何人もの静御前が舞台で踊る。

次はツマキ蝶を探してアブラナ畑へ・・・今春は出が少ない、暫くしたら一頭が飛んできた。

IMG_7018.jpg

今春3回目の出会い、アブラナが良く似合う、そして一番綺麗に撮れた、大好きな春だけの蝶。

足の具合も良くないのでリハビリ散歩、畦道だけを周回した。

IMG_7022.jpg

畦の斜面は春満開、色とりどりの雑草で覆われる、ノミノフスマ、キムジロ、トキワハゼなど等、美しい世界を切り取る。

IMG_7024.jpg

花が咲けば蝶が遊ぶ、ヤマトシジミが数多く飛び交う。

IMG_7031.jpg

表翅が美しいツバメシジミも登場、濃いブルーが鮮やかだ。

IMG_7038.jpg

どれほど居心地が良いのだろうか?、北に帰らぬツグミが悠々と電線に停まる、marukeiは帰ろう!

足の痛みが増さぬうちに、午後の光りを燦々と浴びながら歩いた、自宅前の用水路に白い花。

IMG_6995.jpg

毎年咲く白花変種の”ホトケノザ”、コンクリの狭い割れ目から今年も咲いた、町内清掃でもこれだけは残すmarukei。

IMG_7094.jpg

我が家の庭、シバザクラで賑わってきた、もうすぐ5月、晩春を楽しんだ散歩だった。

コメント