鳥撮りは疲れる

サンコウチョウの鳴き声に反応したmarukei、「追いかけて、追いかけて~・・・追いかけ~て」、ダメだった。

帰りに寄った雑草地帯、見慣れている”キュウリグサ”が美しく撮れた。

IMG_7619.jpg

極めて小さい花だが鳥のように動かないのが幸いだ、キュウリグサに癒された。



妻の体調が心配なので遠出は控えている、午後少し遅い時間だったが岩屋堂へ出かけた。

IMG_7568.jpg

咲き始めたニセアカシヤ、つい先日に新しい葉を広げたばかりだが開花が早い。
岩屋堂への裏道はニセアカシヤ通りと言って良いほど多い、直ぐに真っ白な通りとなるだろう。

先日、運が良く撮れたサンコウチョウ、秘密の場所にしたい、向かおうとしたら林道の上で鳴き声。
喜び勇んで林道へ向かう、姿が見えたがどんどんと遠くへ移動する、marukeiも移動する。

IMG_7600.jpg

とうとう通行止めの沢沿いの道まで追いかけてしまった、そして見つけたらまたもや移動、最初の方へ飛んで行った。
marukeiも戻った、そして行ったり来たり・・・疲れたベェ~!、運よく近くで鳴き声、暗い・・・シルエット状態だ。

IMG_7602.jpg

辛うじて白いお腹と長い尾が写った、証拠写真のレベルしか撮れない、又、動いた。

IMG_7603.jpg
今度は後ろ向き、30cmもあろうか、長い長~い尾が写った、これも証拠写真レベルだった。
もう諦めようと思ってその場を離れたら一瞬だったが明るい場所に移動してきた。

IMG_7607.jpg

ワンチャンス、連写で5枚、しかし、この1枚だけが辛うじて見られる写真だった。
先日写した個体だった、従って秘密の場所は無くなった、こちらの場所が縄張りになるだろう。
雌もいないので暫くは単独行動だろう、疲れたので帰る事にした、サンキュウだよサンコウチョウ君!

IMG_7615.jpg

林道の出口はツボスミレの花畑になっていた、凄い数のツボスミレが咲く。

IMG_7614.jpg

別名でニョイスミレとも呼ばれる、群れ咲くと鮮やかな白い絨毯で見る人を和ませてくれる。

いつもの池近くの雑草地帯へ寄り道した。

IMG_7618.jpg

ヒメジョオンの鮮やかなピンクにベニシジミ、綺麗だ!

IMG_7620.jpg

ジャノメ蝶も見つけた、鳥に見つけられないように丸い蛇の目模様がたくさん、生きる術を翅につける。

IMG_7621.jpg

見事な色のツバメシジミに出会った、鳥には嫌われたが蝶や野草に癒されたので満足して散歩を終えた。

鳥撮りはやはり”忍耐””技術””機材””知識”が大前提だろう、歩いて運が良ければのmarukeiはその域を出ない。
これからも”鳥運”だけを期待して歩き回ろう。


コメント