「雨上がりとツリバナ」

GW期間働いていた息子が3日の休暇を取って信州に遊びに行った、この日は帰って来る日。
「親父、辛口の美味い酒が土産だ」、と、帰って来るに違いない、”美味しい酒のあてが欲しい”

瀬戸の小さな魚さんに行く前に”雨上がりの森”に寄り道、長靴持参の短い森の散歩だった。

IMG_7725.jpg

雨粒を抱えた”ツリバナ”が咲いていた、注意していても見過ごすような小さな花、魅了された。



海上の森、吉田川沿いを散歩、往復1km少しの短い距離。
雨が強く降ったのでぬかるんでいるはずなので長靴を持って行った、正解だった。

IMG_7720.jpg

道中はヤブニンジンが咲き誇る、他に咲いている野草は無い、ツリバナを探していたが見つけられずに赤池の手前に到着。

今年の吉田川沿いは異変だと思う、この時期はサンコウチョウの鳴き声と姿が見えるはずなのに
度々訪れているのに一向に気配がない、この日も鳴き声はせず。

帰りは注意深くツリバナを探して歩いた。

IMG_7721.jpg

いつもの場所を注意深く探すとたくさんの花をぶらさげている木を見つけた、愛らしさは天下一品。

ひっそりと山地に自生するツリバナ、大好きな花だ。

IMG_7727.jpg

5枚の花弁が愛らしい、少し離れて望遠端で撮った。

IMG_7724.jpg

ソフトタッチでパチリ、蕾も多い、まだまだ楽しめそうだ、誰もいない静かな森、ツリバナ探しを継続。

川の反対側にも自生しているはず・・・岸辺ギリギリから探した。

IMG_7729.jpg

咲き始めたばかりの木があった、少しピントを甘くして撮ってみた、可愛らしい雰囲気狙いだったが・・・?

満足したので魚屋さんに向おうとしたら野鳥が飛んで来て枯れ木に停まった。

IMG_7731.jpg

オオルリだった、嬉しい出来事、しかし、曇り空、暗い森、美しい青い鳥には撮れなかった。

ドタドタと長靴の音を気にしながら出口に近づいた、今度は囀り豊かなオオルリの声、目の前の木にいた。

IMG_7758.jpg

森より少し明るいので感度を上げたら青色が少しだけ出いていた。

IMG_7762.jpg

”幸せの青い鳥”は囀り続ける、有難う、幸せも貰った!

瀬戸の街の小さな魚屋さん、「兄さん久しぶりやの~」の声が懐かしい、今朝届いた知多半島の”トビウオ”。
タタキにしてくれた、ビックリするような安価、生の甘海老も購入して帰った。

息子が無事に帰宅、その手には”超辛口の酒”が納まっていた、嬉しや!、幸せ貰った!

コメント