初夏の野草、「ヤマハタザオ」

数が少なくなってきた初夏の野草、「ヤマハタザオ」を愛でに出かけた。

IMG_7928.jpg

愛らしくて綺麗な野草、意外に数が咲いていた、この野草を見ると、森に初夏がやってきたと思う。



海上の森駐車場は満車状態、いつもの路肩も満車、戻って山口の里側の路肩に駐車して歩き出した。
”シライトソウ”が斜面を飾っていた。

IMG_7913.jpg

ユリ科の花、秋田県以西に分布してるが、都道府県によっては絶滅危惧種指定の貴重な野草でもある。

IMG_7911.jpg

用水路脇の斜面に数多く咲き始めていた、海上の森は素晴らしい野草の宝庫だ。

この日の散歩の目的は「ヤマハタザオ」観賞だが、長く歩くのも目的だった、従って野鳥を追いかけることは
しないことを心に決めて歩いた、四ツ沢手前で目的の野草、「ヤマハタザオ」が咲いていた。

IMG_7927.jpg

美しく清楚な野草を愛でたら目的達成、次は歩き主体だ、篠田池方面に向った。

sentosou.jpg

海上池分岐まではセントウソウが道端を飾る。

IMG_7937.jpg

ホオの木は高い枝に花を咲かせ始めていた、良い天気だ、太陽が眩しい。

inigarasi.jpg

篠田池に向かう細い森の道脇はイヌガラシで埋め尽くされていた。

IMG_7940.jpg

綺麗なコジャノメが現れた、近くに停まったので美しく撮れた、淡いブルーが綺麗だ。

被写体ばかりなので歩きが止ってしまう、(笑)、歩きましょう!、黙々と歩いて、篠田池もパス、外周を歩いた。

IMG_7942.jpg

少々疲れたので休憩、あたりを見回すとウラギンシジミが遠くの枯草に停まっていた。

次々に被写体が出てくる、嬉しいやら・・・とりあえず歩みを遅くした。

yamasanae.jpg

ヤマサナエだ、今年の初撮り、初夏のトンボ、そして見たことの無い野草が目に留まった。

tatisiode.jpg

帰って調べた、”タチシオデ”という名の野草だった、珍しい野草ではなく、ごく当たり前に見られる野草だと書いてある。
そして山菜だとも、また一つ知識が増えて嬉しい。

海上池に向かう分岐に到着、湿地には新しい丸木が渡してあった、渡っていると”サンコウチョウ”の鳴き声
そして目の前を通過・・・我慢、野鳥は追いかけないと決めていた、しかし、サンコウチョウはもったいない。

IMG_7945.jpg

この湿地の奥で鳴いているが我慢のmarukei、檜の森を歩いた、ここでもサンコウチョウが少し先の木で
餌を探してホバリング、これなら撮れそうと思ったら飛んで行った、近くにいたが追いかけない。

川を渡って5差路に到着、ここで休憩。

IMG_7946.jpg

桐の花を見ながらお茶を飲んだ、サンコウチョウを追いかけなかったのは残念だが決めていたので仕方がない。

黙々と歩いた、海上池にも寄らず、サテライトや里もやり過ごして歩き続けた、林道分岐からは歩みを遅くした。

IMG_7951.jpg

コマユミの花を見つけた。

IMG_7953.jpg

開花が遅れている”ヤマボウシ”が一つ二つと白くなってきていた、昨年なら満開の時期だ。

kamatuka.jpg

駐車場に近い林に咲いていたカマツカを写せば我が車は近い、少々重たい足を運んだ。

歩行距離は約6km位だろう、累積標高差は200m位なのでそんないは疲れは無かったが足は重たかった。

コメント