”おぬし何者じゃ”

空き地を散歩中、白いシジミチョウが舞ってきて停まった。

IMG_7969.jpg

人生で初めて見たシジミチョウ、「おぬし何者じゃ!」

調べた結果は”ベニシジミ白化型”、珍しい蝶に出会った、幸せを感じた。



いつもの畦道にでるコースは二通りあるが、この日は小学生の通学路から向かった、撮りたい花があった。

IMG_7961.jpg

本日は天気晴朗なり、住宅はあるが道脇は雑木林がある通学路、遠くからでも咲いているのがわかる。

IMG_7962.jpg

ジャケツイバラという名の花。

IMG_7964.jpg

不思議な花の形をしている。

IMG_7965.jpg

「蛇結茨」、枝がもつれ合うさまからヘビ同士が絡み合っているように見えることから命名された。(wiki出展から引用)

写し終えて近くの雑木林を除いたら”ヒメコウゾ”を見つけた。

IMG_7958.jpg

雄花は丸い玉状、雌花は放射状態、これも不思議な花の形、先日、海上の森で見つけて喜んだが
我が家の近くにも咲いていることを知った。

通学路から県道を遡って畦道に入る手前の空き地を縦断中に珍しい蝶を見つけた。

haxtukakata.jpg

調べてわかった”ベニシジミ白化型”、決して色あせたのではないのだという、偶然の出会いも素晴らしい。

IMG_7970.jpg

胸がドキドキした、逃げないでくれと願った、まったく不思議な蝶、姿かたちは”ベニシジミ”しかし紅色が無い。

IMG_7973.jpg

色とりどりの落ち葉の上を流れる小さな用水路、水が温んで見えて爽やかな流れに感じる、良い季節になった。

IMG_7971.jpg

イワツメグサに遊ぶ”ツバメシジミ”、やはり色鮮やかな方がシジミチョウらしい、尚一層美しく見えた。

いつもと変わらぬ畦道と田んぼの風景。

IMG_7975.jpg

鳴き始めた”蛙”を狙ってダイサギが田んぼの中を歩く。

IMG_7974.jpg

遅い田植えの田んぼの中には水がお似合いの鳥、”コチドリ”が小さな昆虫を探す、初夏の田んぼ風景。

お寺さんに立ち寄った。

IMG_7983.jpg

シャクナゲが満開だった、愛でながらお茶休憩した、境内は木陰で涼しい。

azumagiku.jpg

優しげに咲くアズマギクに見送られて境内を後にした。

岩屋堂公園には入らずに帰り道を歩いた、強い陽射しに汗が噴き出る。

IMG_7985.jpg

ニセアカシアの花に遮られたいつもの池、カワセミが飛んでいたが写真は撮れそうもなかった。

IMG_7886.jpg

ノイバラが咲き始めた、数が多いので真っ白な路傍となりそうだ。

IMG_7885.jpg

エゴの木も可愛らしい花をぶら下げはじめた、華やかな季節になってきた、散歩も増々と楽しくなってくる。

いつもと変わらぬ道を飽きずに歩く、日課といえば簡単だが続けることは良い事だ、ビールが増々と美味しくなりそうだ。

コメント