岩屋堂のサンコウチョウ

追いかけているわけではないが鳴き声が聴こえると探したくなる”サンコウチョウ”

IMG_8036.jpg

人の入らない森の中、居付いてくれたサンコウチョウが3羽、忙しく森の中を飛び回っていた。

暗いので我がコンデジでは限界、甘いピントだったが、ブルーリングが写っていた、子育ての時期だ。



自宅近くの用水路脇に咲いていたスイカズラ。

suikazura.jpg

この日初めて気がついた、何でもありの我が家の周り、嬉しいものだ、行き先は変わらぬ畦の道。

IMG_8023.jpg

刈られていない斜面は雑草天国。

IMG_8024.jpg

キムジロ、ニワゼキショウ、イヌガラシ、お馴染の雑草が競い合って咲き乱れる。

IMG_8026.jpg

只々と静かでノンビリした風景だけが広がる世界、何も考えずに見つめていても飽きない。

IMG_8025.jpg

アメリカフウロ、帰化植物は繁殖力が強い、昨年までは少ししかなかったが今年は大きく咲く範囲を広げている。

IMG_8028.jpg

花を終えたヘビイチゴが毒々しい真っ赤な実をつける、marukeiはあまり好まない色だ。

高架橋脇の斜面に可愛らしいピンクが咲いていた。

IMG_8030.jpg

サクラソウだった、どこかの庭先から種が飛んで来たのだろう、この斜面には似合わないが可愛い花に癒される。

岩屋堂へ行くつもりは無かったがイトトンボが目の前を飛んで行ってロープに停まった。

asahinaosu.jpg

嬉しや嬉しや、逢いたかった翅の先端が赤いアサヒナカワトンボだった、写していたら遠くでサンコウチョウの声がする。
段々と近づいてくるので先回り、彼らが好む暗い森、道の無い急坂を急いだ。

彼らは来ていた、忙しく飛び回るが撮影条件が悪すぎる。

IMG_8046.jpg

彼らはこんな森が大好きだ、どこで撮ってもヒバの枝が混みあう森の中、姿を写せただけでもラッキーだと思う。

彼らを追いかけることはしない、居付いてくれた彼らを静かに見守ろうと決めている。

IMG_8048.jpg

帰り道、無料第二駐車場の桜の木にコゲラが餌を探す。

IMG_8049.jpg

大きいアオムシをゲットした、彼女も子育て中かも知れない。

自宅近くで忙しい鳴き声を聴いた、見上げたら”話題の野鳥”が囀る。

IMG_8062.jpg

大阪のオジサンが野鳥自然保護違反で逮捕されたニュースはつい先日の事。
”鳴き合わせ会”なる催し、3分間の囀り量で順位をつけるらしい。

IMG_8060.jpg

チャンピオンは一羽○百万円で取引されるとも、このメジロは良く鳴いた、3分以上も囀りっぱなしだった。

marukeiの幼いころは野鳥を飼う家も多かった、marukeiも貰ったマヒワを飼っていた、今は昔・・・。

自然に生きるものは自然が一番良い、撮影するためだけに餌付けをするのも反対だ。
こうして散歩して出会えた時の嬉しさは何の物差しにもかえられない時間を貰える、この日も自然と戯れた、最高!

コメント