ヤマオダマキ

ゼフィルスのシジミチョウを探して海上通いが続いている。
たまには息抜き、久しぶりにいつもの散歩道に出かけた。

IMG_8509.jpg

寺の境内で”ヤマオダマキ”が咲き出した、この花は妻と最初の登山で癒された山の野草。
そんな季節なんだ、”山に行こう”、その気にさせる野草が咲き出した。



この暑さでは畦道は辛い、遮る物は無し、帽子を深くかぶって歩く。

IMG_8502.jpg

風もそよともしない・・・暑い!

IMG_8494.jpg

畦の斜面にヒナキキョウソウが咲き出した、大好きな野草なので写した、後は一目散に寺に向かった。

IMG_8507.jpg

寺の境内に退避、温度が違う、しばし休んで境内を一回り。

IMG_8493.jpg

ユキノシタも咲き続ける、大文字の花模様。

IMG_8508.jpg

キバナヤマオダマキが咲き出した、この野草は山の思い出がたくさんある、来週は山に行こうと思う。

IMG_8510.jpg

境内も本堂にでれば容赦なく陽射しに当てられる、慌てて裏の木陰に入った。

IMG_8516.jpg

珍しい!、白いアザミが咲いていた、アルビノのアザミだろう。

IMG_8511.jpg

白のホタルブクロ

IMG_8512.jpg

白花のカワラナデシコ、境内は白い花で賑わう、久しぶりに岩屋堂公園に入って瀬戸大滝に向かうことにした。

awamorisyouma.jpg

アワモリショウマに見送られて境内を後にして陽射しの中を歩く。

ganpi.jpg

ガンピの木があった、何年も気が付かなかった、可愛い花だ、和紙の原料になる、栽培も難しいらしい。

鳥原川の渓谷右岸を歩いて滝に向かった。

IMG_8533.jpg

斜面はタツナミソウが咲き乱れる、数多く咲いていた、昨年の倍以上だ、嬉しい事だ。

IMG_8535.jpg

滝の飛沫を浴びて、タップリのマイナスイオンに身を委ねて短い休憩を楽しんだ、帰りは左岸を歩く。
左岸もタツナミソウだらけだった、途中のヒバの木でオオルリが囀る。

IMG_8541.jpg

縄張り主張は”テッペン”が良いのか、オオルリの彼はテッペンが大好き、遠かった被写体。

IMG_8550.jpg

中央広場の紫陽花が色を付け始めた、賑やかになる公園中央部。

IMG_8551.jpg

風の通りの良い河べりに休む女性・・・絵になりまする、涼しげだ、こんな場所でお弁当が食べたいと思った。
腹がへっていたのだった、寄り道せずに帰って早速に”おやつ”を食べた。

海上の森も良いが、自宅から歩けるいつもの散歩道はやはり素敵な道だった。

コメント