「ムラサキシキブ」咲く

いつもの散歩道から遠ざかっていた、さしたる理由は無いが、やはり暑いのが歩きそびれの一因でもある。
短時間に”ささっと雨が落ちて”そして止んだ、暑さが和らいだ午後、いつもの散歩道に出かけた。

IMG_8798.jpg

”ムラサキシキブ”が咲き出した町内の用水色脇、大好きな花を毎日でも愛でることができる。



変な天気だった、晴れて暑かったが、急に曇って一雨来て直ぐに止んだ、暑さは和らいだが蒸し暑い午後。

IMG_8805.jpg

畦に向かう県道脇に咲いていたのアカバナユウゲショウ、この花も終わりに近づいて来た季節になった。

IMG_8795.jpg

畦の手前の細道、竹藪の側に6本のムラサキシキブの木があるが、そのうちの一本が咲き出した。
町内と竹藪道、しばらくはムラサキシキブの淡い紫色に染められそうだ。

simotukesou.jpg

シモツケソウも開花しだした、夏色の散歩道。

IMG_8802.jpg

ピンクのカスミソウ、清楚な姿で民家の庭先を飾る、畦道に突入、やけに蝶が舞う姿が目立った。

IMG_8823.jpg

今年の里はツバメシジミが大量発生している、畦の斜面はツバメシジミだらけだ、大好きな蝶なので嬉しい。

IMG_8824.jpg

モンキチョウも多い、ざっと見渡しても数十頭が飛び回る光景が目につく。

IMG_8834.jpg

雨の滴を抱えたマツバウンランも美しい、モンキチョウも水分補給中。

畦道を外れてお寺の境内から続く道を歩いた。

IMG_8840.jpg

アサヒナカワトンボ。

IMG_8842.jpg

ヤマアジサイのガクも開き始めた、6月、そして梅雨に似合う花だ。

岩屋堂の入り口に続く参道わきに真っ白な花の群落が目についた。

IMG_8846.jpg

”ツルアリドウシ”の群落だった、夥しい数の花が咲いていた、何年も歩いている道なのだが気が付かなかった。

渓谷の入り口の橋まで歩いて引き返す、橋の欄干にルリシジミがいた。

IMG_8861.jpg

今年は、海上の森も岩屋堂もルリシジミが大量発生している、良い事だろう、橋の欄干で何してる?

IMG_8863.jpg

モミジの新緑が美しい。

IMG_8864.jpg

苔の緑も鮮度抜群、自然の中はマイナスイオンがたっぷりだ、岩屋堂は良い所だと改めて思ふ。

IMG_8848.jpg

サンショクイが高い空を飛ぶ様子を見ながらの帰り道。

IMG_8810.jpg

美味しそうなアキグミの実りを見て幼いころを思い出す、北国は7月になるとグミが熟す。
毎日競争でグミの実を採って食べた、シャツが”グミ色”に染まるほど食べた、そして叱られた・・・。

不思議なものだ忘れていたことを突然に思い出す、そんな散歩も良いものだ。

コメント