宝石のような姿に魅せられて

どうしても見てみたい・・・宝石のような美しい翅色の姿。
粘ること一時間半、気まぐれに翅を開いてくれた、神々しい姿を見ることができた。

IMG_9645.jpg

オスの”ミドリシジミ”、不活性の時間帯ながら開いてくれた美しい翅、粘ってよかった。

IMG_9610.jpg

そしてメスのミドリシジミも翅を開いてくれた、素晴らしい時間を過ごすことが出来た。



教えてももらった場所に行って一頭のミドリシジミを見ることができた。
それ以来、午前中の用事のオンパレードで行くことが出来ないでいた、時間帯は悪いが午後でも良い
昼食後に急いで出かけた。

IMG_9554.jpg

すぐに見つかったミドリシジミ、ハンノキの高い場所にいた、花が咲いているのでそこに停まる。

IMG_9544.jpg

この姿を見ていなかった、裏翅の美しい姿だ。

IMG_9543.jpg

いるいる・・・数えてみた、10頭はいる、枝に停まっているので翅を広げてくれる可能性がある、残念、移動した。

IMG_9591.jpg

複数いるが翅を広げるミドリシジミはいない。

高い枝に停まったミドリシジミ、翅を開きそうだ。

IMG_9648.jpg

開いたが位置が悪い、高い所なので下からしか写せない、それでも良い写真だと思う。

一頭が下に降りてきていきなり翅を開いた・・・が、慌てすぎた。

IMG_9632.jpg

急いでシャッターを押したがこの始末、情けない、すぐに飛んで高い場所に飛んで見えなくなってしまった。

IMG_9539.jpg

marukeiも位置を変えたりしながら写しまくる、綺麗だ!

IMG_9535.jpg

可愛い姿を見ているだけで時間の経過を忘れてしまう、もう一時間以上経っていた。

5m以上の高枝に一頭のミドリシジミ、肉眼でも翅を広げ始めたことがわかる。

IMG_9636.jpg

光の加減で美しいコバルトブルーに輝くは翅色だった、見とれてしまった。

ひらひらと一頭が低い場所に移動した、そして葉に停まった、期待大、すぐにピントを合わせた。

IMG_9621.jpg

期待通りに翅を広げた、メスだ、翅の形といい、色といい、文句なしの姿に感動。

近くにもう一頭が移動してきた、メスの近くだ、期待できる。

IMG_9641.jpg

粘って粘って一時間半、憧れのオス全開写真が撮れた、メスが飛んだら彼も直ぐに飛んでしまった。

IMG_9644fgk.jpg

トリミングしてみた、素晴らしい色彩の翅だ、大満足のミドリシジミ鑑賞の時間だった。

そしてこの日一番のショット(marukeiが好きなだけ)はこれ!

IMG_9533.jpg

表の緑が覗くミドリシジミが撮れた、ピントも光も運良くドンピシャだ、宝物の一枚となった。

開発が進む地、残してほしい自然が豊かな場所、そんなに遠くない場所にあるのが信じられない気がする。

この場所の市、生物多様性の調査を行っている、調査内容はPDFフャイルで公開されている。
市も認識しているので大丈夫だろう、また逢いに来よう、7月も居てくれれば幸いだ。

コメント