「ヤマトタマムシ」

小さな野草を撮るのに苦労していたその時、目の前でキラキラ光る昆虫を見つけた。

IMG_9711.jpg

「ヤマトタマムシ」だった、海上の森で昨年は出会うことが無かった、自宅近くで大発生したので
海上の森のタマムシは気にかけなかったが、やはり森の中で出会うのは嬉しい、玉虫色の美しい姿だった。



蝶を探しに行った場所、蝶は姿なし、野草を撮るのにピントが合わない、前に出たり後ろに退いたり。
草薮を漕いだら出てきたのはタマムシ。

IMG_9718.jpg

片方の翅が半分ちぎれていた、痛々しい姿だが美しは変わらない。

IMG_9721.jpg

お腹も玉虫色だった。

IMG_9725.jpg

国宝である”玉虫厨子”、この厨子に使われたのはヤマトタマムシ2万匹以上の翅だとか・・。

IMG_9710.jpg

動き回って位置を変えてくれる、正面も姿よしだ。

IMG_9716.jpg

たくさんのポーズを魅せてくれる、サービス満点のタマムシ。

IMG_9712.jpg

逃げないので撮り放題だがそうも行かない、タマムシに別れを告げて蝶探し継続。

ootyabane.jpg

探していたのはウラナミアカシジミだが影も形もなし、オオチャバネセセリを見つけた。

himekidara.jpg

ヒメキマダラセセリにも出会えた、今年はこの蝶によく出会う。

IMG_9699.jpg

超探しに草薮を調べていたら、幼いカマキリがいた、小さいながら迫力のカマをお持ちだ、蝶を狙っているのだろう。

蝶探しを終了して野草を撮りに駐車場に戻った、野草は次回記事でUPの予定だ。

思わぬ出会いに大満足、夏の昆虫のヤマトタマムシ、こんな近くで撮るのは何回も無いだろう、ラッキー日だった。

コメント