虹色の翅

睡蓮の池にチョウトンボ写しに出かけた。

IMG_9774.jpg

二匹飛んでいたが、良い位置に停まってくれない、ようやく光の良い位置に停まった。

”虹色の翅”・・・これが撮りたかった、蝶トンボはやはり美しい!!



気になるモートンイトトンボの場所に立ち寄った、しかし姿を確認できない、今年の出は遅い。
トンボついでに場所が近い睡蓮の池でチョウトンボを探すことにした。

IMG_9761.jpg

睡蓮は美しく咲いていた池、木の枝に傷つきながら進むと、2匹が飛んでいた。

IMG_9758.jpg

停まっても少し高い場所、光の加減で虹色に撮れない。

IMG_9760.jpg

トンボも位置を変え,marukeiも位置を変えたが、この程度だ、もう一匹がちょっかいを出して飛び立った。

IMG_9776.jpg

別の少し低い場所に停まろうとしている、停まれやチョウトンボ!。

IMG_9775.jpg

停まったチョウトンボ・・・極彩色モードで虹色を強調して写す。

IMG_9771.jpg

露出を下げて、感度を下げて、やはり翅の虹色を強調・・・いやはや”美しい!!!”

この池はイトトンボも多く生息している。

IMG_9781.jpg

キイトトンボがひっそりとお休み中。

monosasi.jpg

モノサシトンボが多かった、何とか停まってくれた、イトトンボ大好きmarukeiは極楽時間を過ごした。

木で引っ掛けた腕の傷がヒリヒリするので”唾”で濡らしてタオルを巻いて池から離れた。

時間は十分ある、今度は何処行こうか?、ミドリシジミの場所に行ってみることにした。
残念ながらミドリシジミは見つけられなかったが、この地は生き物天国だ、自然が厚い。

ニシキリギリス

ニシキリギリスを見つけた、草薮の王者なのでラッキーだ。

IMG_9792.jpg

近づいても逃げないトンボ、昔ながらの”指くるくる”をした、指に向かって頭部が動く、簡単に捕まえれそうだった。

IMG_9785.jpg

ベニシジミは夏型が大量発生中。

IMG_9789.jpg

ツバメシジミも数多く飛び回る、素晴らしい地だ。

再度、ミドリシジミ探しでハンノキ周りを覗く。

IMG_9833.jpg

アオスジアゲハが吸蜜に忙しい、長い時間見ていても飽きることのない自然の行為。

少々歩き足りないのでコンビニで買い物をしてから海上の森、吉田川沿いに向かった。
このところ歩き足りないときに必ず訪れる場所だ、静かな森を赤池まで往復した。

IMG_9838.jpg

ヤマアジサイが咲く森の道にはこの日も人が居なかった、夏にカメラの放列が無いのは不思議だ。
サンコウチョウの出現問題だと思う、見れないことは残念だが静かで涼しい森の道は居心地が良かった。

コメント