カワセミが帰って来た池

この数ヶ月、カワセミの姿を見ることは無かったいつもの池。
子育てに勤しんでいたのかもしれない、偶然にも彼の姿を見つけた。

IMG_9922.jpg

何気に見ていた池に美しい色が見えた、遠い、写りも悪い、ラッキーにも移動した、それでも遠いが写すことができた。
池の奥は進入禁止、手前は雑草地帯、逆の道も立入禁止・・・写す場所は一ケ所だけ、これからも苦労しそうだ。



池の奥、進入禁止ギリギリまで行って池を眺めた。

IMG_9875.jpg

”ハゴロモ藻”が咲きだしていた、近寄れないので望遠100倍でもこの程度だ、帰化植物、どんどん増えていく池面だ。

IMG_9878.jpg

”アレチハナガサ”にモンシロチョウが停まって吸蜜、自然の”絵”の素晴らしさを切り取る。

池の前面に戻って池を眺めていたら”ポツン”と雨が落ちてきた、大きな”エゴの木”の下で雨宿り。

IMG_9918.jpg

メジロが木の実を食べにやってきた、お久しぶりのメジロだ、可愛い。

幸いにも雨は止んだ、帰ろうと思って池が見えるところで眺めたら、池に浮かぶ木の枝に何かがいる。
距離があるのでカメラを構えて100倍望遠してみた。

IMG_9884.jpg

オスのカワセミだった、数ヶ月ぶりの再開だ、嬉しいが距離があるのでこれが精一杯。

直ぐに飛び立ってダイビング、餌を採って奥の場所へ移動した。

IMG_9901.jpg

少し距離が縮まったが、今度は前の葉っぱが邪魔だ、葉と葉の間のすき間から撮るしか無い。
彼はまたしてもダイビング、別の場所へ停まった。

IMG_9906.jpg

距離は遠くなったが邪魔なものは無い、喜んで連射しようとしたら、またもやダイビング。

IMG_9920.jpg

良い場所に停まった、2枚写して設定を変えていたら姿が見えなくなってしまった。
嬉しかったカワセミとの再開、”お帰りなさい”だった。

雑草地帯の際を歩いて自宅へ向かった。

kuroito.jpg

クロイトトンボが子孫を残す行動中、イトトンボ好きのmarukeiは見惚れる、たくさんのイトトンボが生まれて欲しい。

IMG_9877.jpg

”赤とんぼ”、幼い時は赤とんぼをみたら帰る時間と決めていた夏の夕暮れを思い出す、ナツアカネだ。

今日も無事に過ごせた一日、自然を愛し、歩くことが生業になった自分はやはり幸せなんだと思ふ。

コメント