里の畦は苦行道

九州の大雨被害・・・悲しい事実だ、自然災害はいつ身の回りに起きるかの知れない。
列島は長い、かたや我が地方は毎日うだるような暑さが続いている。

トンボ探しや、暑さしのぎの森の散歩ばかりの毎日、たまには里の畦道に行くのも良いだろう。
しかし、覚悟がいる、修行と思って出かけた午後の炎天下。

IMG_0416.jpg

通学路から里へ向かう、ヤブガラシが咲き出した、可愛らしい赤やピンクの蝋燭台が並んでいるような小さな花
雑草扱いだが望遠の世界では”絵本の世界”のようにロマンがある、しかし、気持ち良いのは通学路だけだった。



通学路の雑木林から”キビタキ”のさえずりが聴こえる、子育ても追わつて気楽になっているのだろう。

IMG_0418.jpg

細かくホバリングしながら餌を食べていた、彼らの渡りも遠くは無い。

kyoutikuto.jpg

キョウチクトウが青空に真っ赤な花を上に伸ばす・・・暑い!!!

IMG_0422.jpg

下を見ればマンネングサも終りに近い姿で頑張って咲いている、先が思いやられる暑さだ。
県道へ出てひたすら畦道を目指した、遮るもののない畦道・・・

IMG_0425.jpg

前方に見える森までは距離がある、団扇片手に一目散・・・汗が目に染みる。
風もない、暑さに耐える体づくり・・・等とヘラヘラの気持ちが吹っ飛ぶ、暑いではすまない、”苦行道だ”

IMG_0435.jpg

古代万葉蓮の一画、蕾が増えてきた。

IMG_0434.jpg

開花しそうな蕾があった、何重・・いや、幾重にも重なる万葉の花が見れるのも遠くはない。

IMG_0433.jpg

里の鎮守さまは夏祭りの準備で忙しそうだ、来週の土曜日は地元の夏祭りだ。

涼しい寺が近づいてきた、苦行の中休みも近い・・・頑張れmarukei。

IMG_0424.jpg

淡い紫のカタバミも勇気づけてくれる。

IMG_0436.jpg

ノカンゾウは暑い太陽をものともせずに艶やかな花を咲かせていた、一目散に寺の境内へ。

IMG_0437.jpg

支所で貰ったばかりの新しい”my団扇”を立てて涼みの記念撮影、苦行の中休み、ここから出たくない!

IMG_0438.jpg

寺の境内にはヤマホタルブクロがまだ咲いていた、良いね~野草達。

IMG_0440.jpg

アカバナユウゲショウがひっそりと咲いていた、野草は美しい。

IMG_0439.jpg

夏の花、”半夏生”が咲きまくる境内を後にした、岩屋堂。。。駐車場が満車、水遊び人たちで大賑わい。
虫かご、タモ、テント・・・子供連れで溢れかえる、帰るしか無い、脇目もふらず20数分・・・自宅へ戻った。

”ヘロヘロ”、”フラフラ”・・・修行どころか”苦行の散歩道”、30度を超えたら歩かないようにしよう。
地元の新聞に、”里の畦で散歩爺さんが熱中症で倒れた”等と書かれぬようしなければ。(爆)

コメント