ヒナノジャクジョウ

変わった名前の植物、暗い日当たりの悪いジメジメした森のなかに咲く。

hinanojyakusyou.jpg

”ヒナノジャクジョウ”、地下で菌類から栄養を得る腐生植物。

昨年は開花した状態が見られなかったが今年は黄色の花を見ることが出来た。



あまり歩きたくないが、歩かなければネタもなし、そして身体の調子も整わない。
思い出した、”ブロ友”さんの記事に”ヒナノジャクジョウ”の開花の写真が掲載された。

見に行こう、暗い森に出かけた。

IMG_1027.jpg

花の少ない時期、森の中はヌスビトハギだけが目立っていた。

ヒナノジャクジョウの場所へ到着、ビショビショの狭い地を探した、3株見つけた。

IMG_1030.jpg

咲いていたのは1株だけ、大きさは高さ15mmくらい、幅も同様に極めて小さい花だ。
少し奥まで探したが道悪し、開花が見られたので良しとして引き返した。

IMG_1037.jpg

ヤマアジサイの額の色合いが美しい、秋にはドライフラワーになって楽しませてくれる。

IMG_1042.jpg

ミズタマソウもたくさん咲きだした、暗い森の中の可憐な乙女花。

IMG_1040.jpg

サワオトギリは全開している状態の花は無かった、鮮やかな黄色を愛でたら森を出ての戻り道。

市道や四ツ沢奥まで寄り道して1時間少々、歩くと気持ちがさっぱりする、このときだけは心配事が軽減される。

昨夜は台風5号で風雨が強かった、午後になって天候回復基調、今日は少し長めに歩いた。

コメント