台風が去った午後

夕方から夜半すぎまで強風と窓に叩き付けられる雨音がすごかった。
各地に被害をもたらした迷走台風5号が日本海方面に抜けた午後、散歩に出た。

IMG_1058.jpg

雨量も雨音ほどは降っていないようだ、岩屋堂の鳥原川の渓谷も普段より流れが急で濁っていた程度だった。


このところ歩きに出る気力がない、悩み事のせいなことは間違いない。
台風が去って晴れ間ものぞく午後、クサクサしていてもどしようもない、やはり散歩だ。

IMG_1046.jpg

風で倒れた稲もなし、雨水が溢れた場所もなし、いつもと変わらぬ景色が待っていた。

雨風が吹いていた時は静かだったが、晴れ間がのぞいたら一斉にセミが鳴き出した。

IMG_1045.jpg

必死に鳴いてメスを呼ぶ、”雨でも鳴いてりゃ良いのに”等とセミに八つ当たりしてみたくなった。

IMG_1048.jpg

田んぼはトンボ天国、アカネトンボが無数に飛び交う、電気柵に休んでいたヤンマトンボ、ツバメが飛んできて食べた。

荒れた天気が収まったせいか岩屋堂は水浴びの幼児やお母さん達で賑やかだった。

IMG_1051.jpg

クサギがやっと咲き出した、今年はやはり咲きだしが遅い。

IMG_1055.jpg

半開きのゲンノショウコ、土手や斜面に咲きだしていた、賑やかな場所を超えて渓谷上部に向かった。
廃業した旅館の前にはロープが張ってあった、これで岩屋堂の旅館は皆無になった。

IMG_1062.jpg

水量は多い、やはり台風の雨水だ、遊歩道は水を被ったあとがあった。

IMG_1061.jpg

普段はまったく水の流れていない堰堤もこの通り、それなりの降雨だったのだろう、渓谷は涼しい!

IMG_1065.jpg

滝が流れ落ちていない、降雨で経路が変わったか?、管理清掃人に聞いた、”止めた”、ゴミが詰まるから
名所になっている場所、何とかならないだろうか?

帰りは左岸を歩いた、黙々と公園センターへ。

IMG_1070.jpg

強風で落ちた”イガグリ君”、頑張れなかった”イガグリ君”。

寄り道せずに裏道から自宅へ向かった。

IMG_1072.jpg

コニシキソウ、天敵なしの外来種、帰化植物の繁殖力は強い、刈り払われた路肩から最初に生えて咲き始めた。

汗びっしょりで帰宅、台風はまだ富山あたりだった、そして猛暑を残して行った。

*何とか頑張っている山小屋の長男から”母に写真のプレゼント”がメールで送られてきた。

usuyuki.jpg

休みを利用して槍ヶ岳に続く西鎌尾根を歩いて、母の好きな”ミネウスユキソウ(エーデルワイス)”を探して
写真に収めてくれた、妻は大喜び、山はそんなに台風の影響はなかったらしいがヘリが飛べないので食料が
底をついているらしい、山の日の連休、食料が心配だと言っていた。

コメント