レトロな細道

桜の季節に歩いたきり、たまには歩いてみようか。
自宅から歩ける瀬戸品野地区の細道。

IMG_1083.jpg

昭和前半に反映した陶磁器製陶所、今は昔、廃業した製陶所が寂しく並ぶ細道は変わらぬ雰囲気の細道だった。



町内の住宅地を抜けて細い路地をつなぐ。

IMG_1074.jpg

ニラの花が咲いていた、今日も暑い!

20分歩いて焼き物の小路に合流、カラオケ喫茶からオバチャン演歌が聴こえる、平和だ!

syoujyousou.jpg

赤い花かと思ったら葉の根元から紅色の葉だった、調べてみた、ショジョウソウという帰化植物だった。

レトロな細道に入った。

IMG_1084.jpg

今は食器は100円店に豊富にある、昔みたいに夜店で売られることも少ないだろう。
工房の陶磁器はそれなりに値はつくが大衆食器は需要が少ない、廃業して何十年も頷ける、寂れた細道。

IMG_1081.jpg

あの手この手、焼き物道場を開設しても長続きはしない、閉鎖して朽ちて行く。

IMG_1085.jpg

新しい需要が無い空き地はペンペングサで覆われる、これが現在の品野地区の一画だ。

暑いので長く歩くのは止めよう、熱中症に気をつけねば、通学路に合流して自宅へ戻る道を歩いた。

大きな昆虫を見つけた、枯れ草色だ、何だろう?

IMG_1086.jpg

鎧をまとったような大型の”精霊バッタ”だった、お盆の季節、精霊バッタはその時期に似合う昆虫だ。

住宅街に入る手前の雑木林に花が咲いていた。

IMG_1089.jpg

”コムラサキ”の残り花だった、綺麗だ!

レトロな細道を歩き繋いだ周回散歩道、1時間40分の散歩を終えた。

連休2日目、下道で義父の墓参りに岐阜県中津川まで往復した、混雑は無かった。
墓掃除、除草剤散布、家族の健康見守り願い・・・墓参りは心の区切りがついて良い。

コメント