雪中散歩

朝方は薄っすらと雪化粧。

IMG_3819.jpg

予報では積雪、この程度の雪化粧でよかった。
母の所へ行ってお世話とお話し、昼食を買って帰宅した・・・”アレレ、卵を買うのを忘れた”

その一言で午後の歩き先は決まった、昼食中に雪が舞ってきた。



耳当て付帽子をかぶってザックを背負って雪の中を歩きだす。

IMG_3823.jpg

風が無いので”フワリフワリ”と雪が舞う、決して辛くない、好きなのだ雪が!

IMG_3821.jpg

枯れ木に雪の華、地表は直ぐに溶けてしまうが枯れ枝は雪を受け止める、綺麗だ。

卵とグリーンアスパラ、袋詰めおでんを買ってスーパーを出るときは雪や小止みになっていた。
思い出した、先日の”古タイヤ道”、違う道を歩いていたので戻るわけにも行かない。

出口を頭の中である程度予想していたので”逆”から行けば今歩いている道から行けそうだ。

IMG_3824.jpg

廃屋の脇に狙いをつけて・・・

IMG_3825.jpg

細い地道を歩いた先は・・・

IMG_3826.jpg

古タイヤの道だった、冒険なんて代物ではなかった、少しガッカリだが答えが出たので満足した。

雪も止んできたので”手造り陶芸の倉庫”経由で歩いた。

IMG_3827.jpg

猫の置物の隣、お地蔵様が寒そうに見えた。

IMG_3829.jpg

乾燥工程のうさちゃんは冬でも元気そう、おとぎ話に出てくるお城の召使いさんを想像した。

たかが卵を買うだけだが、雪の日の散歩のきっかけとしては申し分なし。
寒さも忘れてしまった雪中散歩を楽しんだ。

コメント