天日干し

<予約投稿記事>

2/20午後の定例散歩、快晴の暖かい日。

IMG_4003.jpg

瀬戸は焼き物の町、我が品野地区は小さな工場や工房が寄せ集まる地でもある。
”原風景”、焼き物の素地の天日干し、無造作に組み上げられた台に素地を並べて太陽の恵みを頂く。



いつもの散歩道に入る前に瀬戸物を作る小さな工場の前に行ってみた。

IMG_4002.jpg

素地屋、焼き屋、絵付け・・・分業の世界でもある、それでも素地の天日干しは大切な初期工程
干物を作るのと同様、風と太陽の恵が焼き物に魂の硬さを作り出す。

IMG_4004.jpg

秋に落ちたドングリが集まる、陽ざしをたっぷり受けていた、新しい命が生まれて欲しい。

IMG_4005.jpg

快晴の青に”白い送電線”が輝く、marukei大好きの鉄塔、お陰様で迷うことなく山を歩ける。

お寺の境内で春を探してみた。

IMG_4014.jpg

落ち葉の間から”春の花が”咲き出していた、陽ざしを浴びてグングン伸びる、逞しい。

IMG_4015.jpg

*たぶんホテルの朝食時間、昨日要件が終わっていれば東京へ、そして友に会いに向かう
    要件が長引けばもう一泊、できれば東京へ向かいたいが北国の冬の海も見たい、悩ましい*