オシドリ三昧

<予約投稿記事>

”柳の下に二匹目のドゼウはいた”。
前回のオシドリに味をしめたmarukei、しかし毎日いるわけがない、一昨年はたった一度だけだった。

静かに静かに・・・気づかれないように池の木の陰から覗いた・・近くでツガイが泳いでいた。
カメラの電源オン、入らない・・・バッテリーの半挿入、電源が入る・・彼らは遠ざかっていた。

IMG_4084.jpg

事前に設定を変えておいたので前回より綺麗に撮れた、40分間、オシドリ三昧を楽しんだ。



ツガイが遠ざかる、それでも前回より近い。

IMG_4069.jpg

1200mmの範囲なら我がカメラは威力を発揮する、本日のベストな一枚。

オシドリは池の奥、淵に固まっていた、前回より数を増やしている、居ついてくれれば幸い。
写真を羅列、綺麗なオシドリを堪能してくださりませ。

IMG_4075.jpg

IMG_4113.jpg

IMG_4079.jpg

手持ち2400mmに挑戦。

IMG_4114.jpg

殆どブレブレ写真だが何とか1枚、見られる写真が撮れた。

池の斜面に白い生き物が右往左往する姿が目に入った。

IMG_4108.jpg

野良ニャンコだ、美味しそうなカモ狙い、しかし藪が濃い、道もない・・・水も恐い。
右往左往しながら姿を消した、そして数分後に・・・

IMG_4117.jpg

釣り人が好む堰堤までやってきた、恐々と歩く、そして階段を2段おりた。(釣り人マナー悪し、空き缶放置)
恐いのでそれ以上階段を降りられない野良ニャンコ、カモ達を怨めしく見つめていた。

あきらめてどこかへ消えた野良ニャンコ、時計を見たら午後5時近い,marukeiも帰る。
途中、ベニマシコ”の地鳴きがするので雑木林を覗いた。

IMG_4145.jpg

久しぶりのベニマシコ、紅色が美しい。

IMG_4138.jpg

雌も近くにいた、可愛い目が大好きだ、1時間のオシドリ撮影三昧、ベニマシコのお土産つき。
こんな良い日もあるんだ。

*順調なら瀬戸へ帰る日、遅れても友に会うために東北新幹線に乗車する日、さてどちらかな?*

コメント