3月でも”節分草”

寒い寒い北の旅から帰って身体のリズムが狂ってしまった。
リズムを取り戻す方法はただ一つ、散歩だ、帰って3日目にいつもの散歩道へ。

IMG_4238.jpg

先週まで目を凝らしても探せなかった”節分草”が咲いていた。
名前の由来は節分頃に咲くので呼ばれているらしい、そんなことはどうでもよい、愛らしく可憐に・・・
今年も愛でることが出来ただけでも嬉しい、妻を連れてこなくっちゃ。



二泊三日の旅でも体調に影響した、何となくリズムに乗れない、仕方なく休養していた。
ようやく行動しなくちゃと思いいつもの散歩に出かけた。

畦道コース、一週間ぶりだが変化なし、ゆっくりとリズム回復のために歩いた。
お寺に寄り道、今年は節分草が咲き出さない、先週までは気配もなかった・・が、咲いていた。

IMG_4243.jpg

キンポウゲ科の多年草、今では希少植物に認定されている、花の直径2cmしかない、本当に可憐。

IMG_4248.jpg

昨年は5株しかなかったが8株咲いていた、このまま増えて欲しい、自然に咲く花は美しい。

節分草の隣には福寿草が咲く、株も増えてきた、春告げの黄色、何度見ても美しい。

IMG_4250.jpg

IMG_4252.jpg

新春を祝う意味が和名の福寿草、他、種々の呼び名もある、ストレートに福寿草、好きな花!

歩き始めなので欲張らず、裏の池経由で戻った。
池の奥に居たはずの”オシドリ”の姿は消えていた、真っ白な”ダイサギ”が魚を狙っていただけだった。

IMG_4254.jpg

普段のリズムは大切、散歩再開で体調は過去を覚えている、心身ともにすこぶる快調になりつつある。
北国の寒さに比べると別天地に思えた。

コメント