ミスミソウ(雪割草)

雪割草・・・良い響きだ、北陸地方では雪を割って顔を出す、春告げ花。

IMG_0838.jpg
  <画像提供:長男>

県緑化センターのミスミソウは一昨年に盗掘されてしまった。
昨年も細かく調べたが見つけられなかった、今回、長男が盗掘看板から少し奥を調べたら咲いていた。
株が残っていたのだろう、こういう野草は何年もかかってようやく咲く花も多い、残っていて良かった。




打ち身も17日めに突入、劇的ではないが痛みは改善しつつある、杖なしでも歩ける状態となった。

痛みを例えてみた、古い話だが”ズンドコ節”だ、最初に歌ったのは小林旭、次はドリフターズ
そして氷川きよしのズンドコ節だ。

受傷後しばらくはドリフターズだ、「ズンズンズンズン、ズンドコ」の繰り返し、たまりません。
暫くして少し和らぐと氷川きよし、「ズンズンズンズンドコ」、この後の”きよし”の掛け声もついた痛み、我慢できない。
最近は小林旭、「ズンズンズンドコ」、ズンが1回減った分耐えられる。(笑)

そして今朝からは痛みが背中の表面に移行してきた感じだ、奥のズンドコとサヨナラできそうな気配。

IMG_0830.jpg
  <画像提供:長男>

亜高山帯の山野草が大地から逞しく背伸びし始めてきている。
本日から固まった筋肉をほぐすために少々のリハビリ(体の捻転など)を開始した。
痛むが先を見れば我慢の範疇、ズンドコ節からお別れするために・・・。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:4件

コメント