賑やかになってきた畦道

ロング散歩の畦道。
歩くのが目的なら只の田んぼの土手斜面、雑草地帯にしか見えないが、小さな花たちを探しながらだと楽しい畦道になる。

IMG_4528.jpg

タンポポ、フグリ、クローバ、ツクシの競演、小さく切り取った画角の中にもこれだけの野草が入る。
時間を忘れて歩いた、杖が邪魔になるほどシャッターをきった、久しぶりの充実感だった。



恐いダンプ道を抜ければ畦道に入る、一安心でカメラを出して首にぶら下げて景色に見入る。

IMG_4521.jpg

枝垂桜の八重の花弁越しに散歩道が続く、どんな野草に出会えるか、”ワクワク”。

IMG_4525.jpg

土手のあちらこちらが紫色に染まる、キランソウだらけ、昨年より面積を広げている、午前中の雨を載せて輝く。

IMG_4534.jpg

赤紫の花をつけているのはカラスノエンドウ、マメ科の雑草、強い生命力、他の野草を覆い隠すほどだ。

IMG_4555.jpg

スミレも小さなスペースながら存在感をアピール、畦道は宝の山・・・歩が進まない。
何やら枯れ木の林みたいな景色が目に入った。

IMG_4531.jpg

ツクシ林だった、かなりの広さにツクシが生えている、好きな人なら捕り放題、玉子とじかな?

民家の近くで畦道終了・・・アレ!、大好きな野草を写し忘れた、戻って探した。

IMG_4527.jpg

キュウリグサ、花数が少なくいつもの場所に少しだけ咲いていた、これで畦道終了、公園の入り口に向かった。

IMG_4533.jpg

ヤマザクラを背景に桃の花のピンクが鮮やかな民家の庭、ハナモモの季節も近い、綺麗だ!
公園手前の斜面にもこの季節の野草が咲いていた。

IMG_4554.jpg

ムラサキケマン、数を増やしている、どこも見てもケマンだらけ、一昨年は数が少なかったが彼らは強い。

公園入口の橋で休んで帰りについた、高速道路の橋脚したの斜面を覗いた。

IMG_4558.jpg

斜面はスミレの花園。

IMG_4550.jpg

地面はトキワハゼの群落・・・春爛漫、歩いた甲斐があった、足は棒みたいになるが心地よい
背中や肩の痛みが無ければもっと良いが贅沢は言わない・・・歩けるのだから。

*昨夜から背中の痛みがほんの少し軽くなったような気がする、入浴時間を長くして温熱効果を期待したのだが、成果?

コメント