シジミ蝶が遊ぶ畦道

先日の海上の森散策で学習したことを実践した。
現状の身の丈を考えてリハビリ散歩をしなければならない。

1、距離は長からず短からず、なるべく平坦であること
2、背中、腕に負荷のかからない歩き方を学習すること

以上の事を考えると毎度の散歩道、自宅から歩いて周回して約3.5km、杖なしでも歩ける畦道が最適。
海上から2日を空けて身体が落ち着いたので散歩に出かけた。

IMG_4713.jpg

畦道で探した”ツバメシジミ蝶”、なかなか出会えない蝶、羽が痛んではいたが元気に飛び回る。
最高ダネ・・畦道の春。

散歩前の背中の痛みが増すことはなかった、足は疲れたが程よいリハビリ散歩となった。

**marukei自撮りの写真、あまりにもみっともないので差し替えました(汗)**



自宅から畦道に行く間にも季節の花が咲く。

IMG_4687.jpg

青空に透けるハナミズキ、五月が近い事を知らせてくれる。

IMG_4691.jpg

ドウダンツツジも愛らしいボンボリを数珠なりにぶら下げる。

畦道の手前の畑の脇はアブラナ科の花が大地を彩る。

IMG_4692.jpg

雑草に紛れていたがピンクの花が残っていた。

IMG_4690.jpg

イカリソウ、こんな近くに咲いているとは今まで気がつかなかった、来年の楽しみが増えた。

畦道に到着、早、田んぼに水をひいている、代かきの準備が始まっていた。

IMG_4703.jpg

勢いよく田んぼに水が流れてゆく。

IMG_4707.jpg

代かきの終えた田もある、遠くで子供たちが歓声を上げて遊ぶ、カラスは水の中の餌を探す。

IMG_4704.jpg

いつもと変わらぬ田園風景だが水が入るとそれらしく見える、もうすぐ田植えが始まる。
畦道の土手で蝶が飛び交う、”良し!”本日の第一ターゲットをシジミ蝶としてブラリブラリと歩いた。

IMG_4699.jpg

お馴染のベニシジミ、一番数多く飛んでいた。

IMG_4697.jpg

これもお馴染のヤマトシジミ、瑠璃色が綺麗な蝶。

すこし変わった羽色のシジミ蝶を発見。

IMG_4711.jpg

ツバメシジミ、独特の羽色、そして両羽の後ろに突起がでているのがツバメシジミの特徴、嬉しや嬉しや!

畦道に新しい野草が咲き出した、マツバウンランだ。

IMG_4710.jpg

何処でも見られて数の多い雑草だが小さくて今にも飛んで行きそうな花の形が大好きだ。

田植えが近いので各田んぼの土手は綺麗に草が刈られている、大好きなキューリクサの場所も刈られていた。
目を凝らして残りが無いか探した、数株が刈られた場所から新しく生えて来ていた。

IMG_4706.jpg

いつみても可愛い・・・!

畦道を後にして岩屋堂公園入口経由で戻ることにした、背中の痛みは変わらない、カメラを構えると痛みは走る。
お寺に寄り道した。

IMG_4715.jpg

緑が増す山門、涼を求めて休む季節は近い、上の緑を眺めていたら何やら飛んで高い葉に停まった。

IMG_4716.jpg

蝶でな無いだろう、蛾の仲間だろう、調べても不明、マダラエダシャクという蛾がいる、それに似てはいるが?

境内では西洋シャクナゲが満開、その木の下に大きな水がめが置いてあった。

IMG_4720.jpg

金魚とメダカが仲良く遊ぶ・・・こんな風景に心が癒される、背を伸ばして深呼吸、帰り道を頑張る

IMG_4721.jpg

1時間20分もかけて歩いたリハビリ散歩、学習効果はOK、背中の痛みは現状維持、足もおもったより疲れていない。
回復状況をみながら散歩コースを決めて楽しもうと思った・・・散歩撮影・・万歳!

コメント