驚かせてしまった森の道

身体の痛みはこの日も中間、暑さをしのいで少しのリハビリ。
野鳥でも撮れれば幸いなので広久手の森(海上の吉田川沿い)に出かけた、往復1.4kmの短い森の散歩。

IMG_4812.jpg

野鳥は撮れなかったがネコノメソウの大群落に出会った、静かな森だが”メトマイ”が凄い
何十匹もひきつれて歩く、野鳥を見るのに立ち止まると目の周りに来て目の中に飛び込んでくる、対策した。



昨年購入した”メトマイ”対策、網つき帽子。

             IMG_4807.jpg

黒子のmarukei誕生、少々暑苦しいが小虫をシャットアウト、ファインダーも覗ける優れもののはずだが・・・

出くわしたご夫婦が驚いて立ち止まる、奥様は脅えていそうだ。
帽子を脱いで”驚かしてすみません”と挨拶、遠くから見ると黒い”熊”に見えたそうな・・・(本当かな?)

確かにやばい、静かな森には似合ない、でも脱げば小虫に襲われる、再度装着して散歩を続けた。

IMG_4817.jpg IMG_4819.jpg

野鳥は出てこなかったが、トンボやミスジチョウに出会えた、森は春から初夏へ移ろいでいる。

IMG_4809.jpg

清い流れも温んで見える、暑い日は沢沿いがヒンヤリして気持ち良い。

IMG_4822.jpg

終わりかけのチゴユリが咲いていた、好きな野草、可愛いお稚児さんだ。

打ち身の回復は遅々として進まないが、季節は足早に進んでいる、少しでも歩けて自然を感じることが
できるまで回復していることを”有りがたい”と思う、明日こそ痛みがやわらぐことを期待して家路についた。

コメント