新緑と赤い橋

子供の日は夏日だった。

maruukeiのつたないblogを訪問し、尚且つ嬉しいコメントを頂く”moyo”さん。
新緑の岩屋堂と赤い橋が見てみたいと、行ってみたいとのコメントをいただいた。

もし、来れなかったことを思へば新緑が深くなったこの時期、写真で再度表現してみたくなった。

IMG_5088.jpg

新緑と赤い橋、若いカップルを入れ込んでジオラマで撮った、moyoさん、見てくれると良いが・・・?



抜けるような青空、緑も青空に吸い込まれてゆく。

IMG_5087.jpg

自宅を出て岩屋堂へ向かうと車がひっきりなしに公園に向かう、着いたらほぼ満車。
名古屋NO、三河、豊田、三重、皆さん幼子を連れて緑と水遊びを楽しみに近場へ行楽に来ていた。

IMG_5081.jpg

子供の日、主役は子供達だ、テントをはったり水辺で遊んだり・・・珍しく子供たちの写真が撮りたくなった。

IMG_5082.jpg

小さな葉っぱを持って無心に水辺で遊ぶメッチャ可愛い子、プクプクの手足を食べてしまいたいくらいに可愛い。
見守るお母さんの影が優しい。

IMG_5084.jpg

何か言いたげにお母さんを見上げるお嬢ちゃん、帽子が良く似合います、男兄弟で育ち、子供たちは
二人とも男、娘に憧れるmarukei、愛らしく見えすぎまする。

IMG_5085.jpg

すくっても何も網に入らない男の子、頑張っていたが途中であきらめて呆然と水の中にたたずむ。
所在無げな”網”と涼しそうな水の中のサンダル足・・・幼い時の息子たちの岩屋堂での思いがよぎる。

滝まで歩いた。

IMG_5086.jpg

滝ではハイカーや大人たちが思い思いに過ごしていた、滝から大きな堰堤方面に登ってしばし風を感じて休んだ。
20分くらい休んで公園センターに戻った、午後3時を過ぎていたがまだまだ家族の水遊びは続く。

IMG_5083.jpg

赤い橋のたもとで、ああでもない、こうでもない、考えながら新緑と赤い橋を何枚も撮った。
何かのために撮るというのは結構微妙な感覚だった、上手に撮ろうとしないで感性で撮った。

少し背中に負荷がかかったのと左の肩が痛みだしたので家路に着いた、汗をかいたので夕食の
缶ビール1本がとてもとても美味しく感じた子供の日だった。

コメント