田んぼと山野草

5月末、昨年ならもう二つ三つの山旅に出ていた、季節の山野草と雄大な風景が見たくて
相方と一緒に遠征していたはずだ、今はそれが叶わない、いつもの畦道の近くに山野草を育てている方がいる。

お婆ちゃんだ、手入れしている姿を見ることがある、柵も塀も無し道路沿いの一画に季節の花を咲かせる。
車道なので歩いている人しか気がつかない、いや、興味のない人はただの花壇にしか見えないのだろう。

まずは田んぼの畦道を歩いて、帰りに山野草を楽しむことにした。

IMG_5906.jpg

稲もすくすくと育っている、白いサギの群れがのんびりと田んぼに遊ぶ・・・のどかな里の景色に自身もまみれる。



アオサギ、シロサギがmarukeiを見て一斉に飛び立つ。

IMG_5904.jpg

種は違えど一直線に並んで飛ぶ、不思議だなぁ~鳥の世界。

暫くも見とれて先へ進むとケタタマシイ鳴き声で飛び立つ野鳥・・・忘れていた、ケリの巣に近づいたのだった。

IMG_5893.jpg

低空飛行で威嚇が始まった、くちばしを開いて何度も威嚇する・・・鬱陶しいので足早に離れた。

IMG_5907.jpg

畦の土手に咲いていたマツバウンラン、飛行機みたいな可愛い花が今にも空に舞いそうに見えた、稲もすくすく。

IMG_5888.jpg

アブラナの一種か?、名前はわからないが魅せられて撮った、何枚か撮ってようやく納得の一枚。

IMG_5909.jpg

暑い日が続いているので苗の水やりもかかせない、農作業姿が絵になりまする、イイですネ~。

畦を一回りしたら山野草の一画にお邪魔して一人で野草を楽しんだ。

IMG_5886.jpg

カワラナデシコ、妻も好きな野草、標高2000mの山だと少し形が違うタカネナデシコが咲く、やはり山で見たいと思う。

IMG_5887.jpg

センジュガンビ、ナデシコとの違いはmarukeiにはわからない、色で判別、諏訪の入笠山で6月に咲き出す。

IMG_5882.jpg

スズランも緑の玉をぶら下げていた、可愛い花も素敵だが、これはこれで可愛らしい。

IMG_5883.jpg

イチリンソウ、これも妻が好きな野草、5月末に道路が開通すると真っ先に出かける天生湿原
ニリンソウ、サンリンソウ、緑のニリンソウなど等、これでもかと言うほど山野草が咲き乱れる、今年は行けそうもない。

IMG_5884.jpg

クリンソウ、これも1000m付近に咲く花、御嶽の濁河や入笠山など等で楽しんだ記憶がよみがえる。

IMG_5885.jpg

ヤマオダマキ、毎年出かける蛇峠山の狼煙台付近に咲く、これを見て山ランチ開始の合図になる。
昨年は6月に長男と登った南沢山の下山道で見つけた、難儀してヘロヘロだったので花に癒されて回復した。

平地でもこれだけの種類の山野草を観賞できる、お婆ちゃん有難う!、家まで歩いて5分、楽しかった。

*本日は暑い、日射病まで行かないが先ほどまで身体がだるかった、皆様もお気をつけてください*

コメント