祝!・・・羽化第一号

午前中は次男に誘われて裏山(499m)に事故後の復帰登山を決行した。
12時30分ころ歩いて自宅へ戻ったら鉢植えの下に枯葉みたいのがぶら下がっている、何だろう?

IMG_6825.jpg

ツマグロヒョウモン蝶の羽化後の姿だった、marukei飼育所第一号の成虫誕生、おめでとう。

ここはノーマークだった、こんな所にぶら下がっていたのは知らなかった、隣の鉢植えのサナギが早いと思っていた。
とにもかくにも”嬉しい”出来事だった、本日は”羽化”と”復活登山”のお祝いになりそうだ。



そろそろかな・・・観察サナギに目を向けた、変色が大きくなった、明日にも羽化しそうだ。
目を隣の幼虫の鉢植えに移した・・・なにやら変なものがぶら下がっている。

IMG_6817.jpg

幼虫の下に羽化した蝶がぶらさがっていた、”ビックリ”羽化して羽を乾かしている最中、羽化が見られなかったのも残念。

IMG_6819.jpg

地面に寝転がって覗かないかぎりサナギは見つけられない、大きな胴体の穴から”真っ赤な血液”がしたたり落ちた。
幼虫だと葉の消化に必要だった内臓を捨てるらしい、羽化のプロセスだと知っていたので驚かなかった。

そ~っと頭部に指を差し伸べたらmarukeiの指に捉まった、パンジーの花に移動させた。

IMG_6827.jpg

風通しが良いので早く乾いて飛び立てるようにとの親心、なかなか指から離れない・・可愛い!

IMG_6828.jpg

お目目も可愛い!!

羽を開かないので(当たり前)優しく羽の根元に触れてみた。

IMG_6834.jpg

ヒョウモンが艶やかな”♂”の個体だった。

シャワーを浴びて汗を流して休んで30分後に見に行ったとたん、彼は飛翔して何処かへいった。
”頑張って生きるんだ”と声をかけて暫く幼虫を見ていたら、”フワリフワリ”と彼は戻ってきた。

IMG_6845.jpg

2階のベランダの桟に羽を休めた、そして夕方までじっとしていた、生まれた家を忘れない可愛い彼だ。

パンジーの花はほぼ食べられて全滅、仕方がないのでビオラの鉢植えに幼虫を移した、一鉢に12匹もいる。
観察していたら突然♀の成虫が飛来して卵を産み始めた。

IMG_6841.jpg

勘弁シテェ~!、もう餌が無いよ、一週間もすれば幼虫になる・・・どうしようもない。

IMG_6844.jpg

生み終えた♀はは疲れ切って駐車場のコンクリに休む、責任を果たしたのだ、悪口は言えない。

本当に餌になる花が無い、この鉢には大きな幼虫が5匹、小さいのが7匹いる。
大きな幼虫がサナギになったら小さな幼虫は田んぼの畦に放そうと思う、餌になる草もあるだろう、”堪忍ドッセ”
  • カテゴリ:その他
  • コメント:2件

コメント