美しけり・・畦道の蝶

散歩が趣になり、望遠カメラを持つようになって以来、野に遊ぶ小さな蝶に興味を持つようになった。
シジミ蝶やタテハ類等、小さくて美しい蝶を見ると嬉しくなる、畦道に蝶を探して歩いた。

IMG_7132.jpg

ツバメシジミ、小さなな突起があるのが特徴、シロツメクサと同じ大きさだ、小さな芸術色が遊ぶ畦道。



最初は蝶の種類や名前などわからないばかりだった、図鑑で調べて特徴を覚えると
更に楽しくなる、なかなか停まらない蝶を追いかける、羽を閉じた姿、羽を広げた姿を追いかける。

IMG_7117.jpg

里の代表格はベニシジミ、裏羽が美しい、ベニシジミは羽を広げてくれやすい。

IMG_7136.jpg

表羽も美しい、marukeiは裏羽の方が好きだ。

IMG_7127.jpg

ゴマダラ模様はヤマトシジミ、”ヤマト”という冠を頂いている、日本固種なのかも?

IMG_7124.jpg

この個体の表羽は地味だった、もう少し青が強いのが主流、この蝶も畦の代表格。

この日はシジミ蝶はこの2種しか見つけられなかった、里の畦道にはそのほかの蝶も舞う。

IMG_7126.jpg

蛇の目が綺麗な”ヒメウラナジャノメ”、天敵の鳥に狙われないように蛇の目模様がついている。

IMG_7119.jpg

この蝶も表羽は裏羽より地味、ちゃんと蛇の目模様がついている、marukei大好きな蝶でもある。

IMG_7137.jpg

ヒカゲチョウ、中型の蝶、里や森にも多い、この蝶も蛇の目模様がある、森や林に住む蝶は○模様が多い。

IMG_7129.jpg

お馴染のモンシロ蝶、こうして撮ってみると美しいネ、シンプルで良い。

蝶探しを終えて雨の降らないうちに帰り道を急ぐ、裏の池の側を通ったらカワセミの鳴き声がする。
木々や草で見えない・・・ウロウロして少し空けた場所から覗いて待った。

IMG_7172.jpg

”精悍の君”とmarukeiが名付けたカワセミが久しぶりに現れた、ダイビングして魚を捕まえる。

IMG_7165.jpg

この間、1分少々、”ピッ!”と鳴いて水面を遠くに飛んで行って戻ってこなかった。

鬱陶しい梅雨は憂鬱さが増す・・・蝶の写真で安らいでいただければ嬉しい!!!

コメント