雨降りの海上

毎日のリズム、これが回復の基本、雨なら歩かないのでは梅雨時はリハビリも出来ず、リズムも狂ってしまう。
傘をさして海上の森を歩いた。

IMG_7239.jpg

森の道はぬかるむので市道を野草や昆虫を探しながら歩いた、林道をつないで海上池まで歩いてしまった。
弱い雨が湖面に細かい輪を描きながら落ちてくる、静かな池を眺めて帰った。



時折強く降ったり、止んだり、落ち着かない天気、自宅周りだと雨が強くなると家に戻りたくなってしまう。
自宅から離れてしまえばアキラメもつくだろう、傘を持って海上の森に出かけた。

傘をさして市道を歩く、傘にあたる雨音も粋なもんだと自分を慰めながら道沿いの草薮を探索。

IMG_7224.jpg

いきなりバッタに睨まれた、彼からmarukeiはどんなに見えているのだろう?
複眼ならmarukeiの顔が沢山整列しているだろう。

IMG_7234.jpg

ツユクサも雨に似合う花、幼いころはトンボ草と読んでいた、理由はトンボが停まっていたから。

IMG_7245.jpg

小さなカマキリ、一人前に狩りの姿勢をとる、まだまだ子供のカマキリ、ここは餌が豊富だ、頑張れ子カマキリ。

IMG_7231.jpg

イヌホウズキも咲き出した、下向きに小さな黄色をぶら下げる、可憐とういう言葉通り愛らしい野草。

雨が小降りになった、傘をすぼめてあたりを見回すとサテライトの近くまで歩いていた、探索に夢中になっていた。

IMG_7225.jpg

次々に咲いていた野草、ヌマトラノオ、垂れ下がらずに上に咲く、花はトラノオと一緒だ。

IMG_7246.jpg

コチャバネセセリ、濃い茶色が緑とマッチする、シンプルな形、シンプルな色、今の時期はセセリ蝶が多い。

IMG_7233.jpg

ヤブランも咲き出した、この森の道沿いは野草も昆虫も豊富、じっくりと観察すれば飽きが来ない。

そうこうしているうちにサテライトに着いてしまった、雨が降り出したがここまできたなら海上池まで歩こう
もしかしてお目当ての野草が見られるかも知れない、ぬかるんだ林道をつないで池分岐の笹道を歩く。

IMG_7235.jpg

サワオトギリソウ・・・一輪だけ咲いていた、漢字で書けば”弟切草”、良い響きだ、昔は貴重な薬草だったらしい。

静かな池で一息ついた、雨はやみそうもないので傘をさして帰りについた。

IMG_7240.jpg

おおきなキノコ、長雨でキノコが育つ良い環境なのだろう、これだけ見れば秋の装いだ。

あまり脇目もしないでトコトコと駐車場まで戻る、雨中の40分はつまらない。

IMG_7247.jpg

咲き残りのバイカツツジを愛でたらカメラを拭いて収納、車は目の前だ。

多少は濡れたが静かな森を散策できた、激しい雨なら歩けないが少々の雨なら歩いたほうが良い、充実の午後だった。

コメント