森涼(りんりょう)

容赦のない日射しが照りつける。
汗ばんだ身体を扇風機の風が通り抜ける、これはこれで快適なのだが所詮は人工物、何かが足らない。

IMG_7279.jpg

目に入る爽やかさが足らない、頬にあたる優しい風の心地よさが足りない・・・
自然と森に足が向いていた、流れ落ちる水音、目に入る緑の色彩、吹き抜ける風にただたたずむ・・森の涼。


勢い込んで歩かなくても良い、被写体を探さなくても良い、涼が待っている森の奥に進めばよい。

IMG_7273.jpg

この小径を進むだけ。

ko,kamomezuru

笹にからんだ小さな小さな花、コカモメズル、茶色の星形が愛らしい。

IMG_7274.jpg

隣の笹にはオオチャバネセセリが羽を休める、近づいても動かない、ここは陽射しも遮られた森の奥
彼らも涼を楽しんでしるのだろう、どんどん奥に進む。

IMG_7270.jpg

ミズヒキが咲き出していた、目立たない細い茎に真っ赤なほんのわずかに開いた花が可愛らしい。

奥の行き止まり、流れる水音に癒されながら涼を楽しむ、離れがたいので好きな時間だけそこにいることにした。

IMG_7278.jpg

モノサシトンボがやって来て羽を休める、水辺は彼らにとっても憩いの場所、邪魔しても悪いので帰りについた。
野鳥が囀るので探してみたが本日は真剣に探す目にはならない、涼を楽しめば良いのだから。

konbanokamomezuru.jpg

コバノカモズルも咲き出した、コカメツルより大ぶりな花、雑草に見事に絡まって育つ姿は自然の強さを語っている。

森の出口に咲くシソソバの群落

IMG_7272.jpg

白く透けた清楚な花が満開だった、ピンクのミソソバも大好きだがこの清楚さは白が良く似合う。

森からでると容赦ない日射しが直射する、車のハンドルも握れないほど熱々だった。

コメント