少しでも風を感じたくて・・・

転落事故以来、痛みへの遠慮があるのか妻は何処そこへ行きたい等と言わなくなった。
この日も朝から暑かった、路面温度計は35度Cを表示していた。

午後、一時間ばかり眠ってから”野草でも見に行かない?”と声をかけたらすぐさまOKが出た。
少しでも標高が高くて爽やかな風を感じられる近場・・・多治見の潮見の森へ出かけた。

IMG_7439.jpg

桔梗が咲く花園をカメラ片手に嬉しそうな妻の姿、誘って良かった、吹き抜ける風も爽やかだった。



まずは薬草園に立ち寄る、この季節の野草を楽しんだ。

IMG_7428.jpg

ツリガネニンジン、妻と山へ行くようになって覚えた花、高原に似合う花。

IMG_7434.jpg

オミナエシ、これからの花、里でも大賑わいに咲き乱れるだろう。

IMG_7432.jpg

トウキ、この野草もポピュラーな花、薬草でも著名な野草。

IMG_7431.jpg

名前がわからない、ジャコウソウかも?、あるいはキョウガノコかも?、シモツケにも似ている。

二人バラバラ、好き勝手に歩き回った。

IMG_7435.jpg

小さな池にコウホネが咲き残っていた、管理のオジサンが池の雑草を駆除していた、”ご苦労様です”
水芭蕉が雑草やコウホネに浸食されてダメになるかもしれないと丁寧に教えてくれた。

IMG_7433.jpg

オトギリソウ(弟切草)、良い響きの花名だ、亜高山に行くとシナノオトギリの大きな花が見られる。
8月には出会えると思うとワクワクしてくる。

IMG_7440.jpg

ウツボクサ。

IMG_7437.jpg

ノカンゾウ。

満足したら車に戻る、帰り道、雑草の斜面を観察していて見つけた。

IMG_7442.jpg

ノギラン、一見、枯れた花にしか見えないのだが、一つ一つが可愛い野草、妻も望遠を駆使して写していた。

天気は良いが霞んでいる、眺望は期待できないが標高500m近い展望台は涼しそうだ。
山頂まで車、歩いて展望台へ、やはり霞んでいたが北側はなんとか展望ができた。

IMG_7443.jpg

恵那山から大川入山、蛇峠山の稜線、夏の山風景。

IMG_7448.jpg

南側は霞がひどい、かろうじて名古屋のビル群が霞む、伊勢湾、三河湾は見えなかった。

景色は今一だが”風”は最高、爽やかな風を頬に受けるとその場を離れることを躊躇してしまう。
長い時間停滞していた、多治見で買い物したい妻の要望を素直に聞き入れて山を降った。

独りの散歩も良いが妻と一緒だと尚嬉し、背中も肩もまだ痛いが大丈夫そうだ、盆前に復活第一段としたいが・・?

コメント