蛇峠山の野草特集

蛇峠山、この山は我が夫婦にとって特別な山である。
2004年、妻の原因不明の体調不良、森の散歩で落ち着く、それならばと妻を誘って夫婦で最初に登った山だ。

登山道が解らなくて別荘地から延々と林道を歩いた、
その時綺麗な蝶が現れて馬の背まで案内してくれた、アサギマダラとの出会い。
そして山頂近くで見た淡い黄色の山野草・・・

IMG_7538.jpg

ヤマオダマキの花、妻も山野草に興味を持った、それから毎年2回から3回/年に歩く山になった。

決してハードな山ではないが、標高が高く、南アルプスなどの景観が良く、亜高山の山野草が見られる。
行く所が無い時は”素敵なハイキング”が手軽に楽しめる山である。



馬の背からの登山道には山野草が殆ど無い、山頂近くになると亜高山の野草が咲き誇る。
電波基地局メンテナンスのための細い林道沿いも日当たりが良いのか野草の宝庫、今回出会った野草を特集した。

noriutugi.jpg

登山道を離れて最初に目につくのはノリウツギ、所狭しと咲いている。

IMG_7549.jpg

山頂近くはヨツバヒヨドリの群落が多い、この花に蝶が舞う、アサギマダラの好物でもある。
アメダスレーダー基地までの道沿いはヤマオダマキが列をなして咲いている、オダマキロードと名付けている。

IMG_7535.jpg

自生のヤマオダマキ、愛くるしい!

山頂は笹薮だが手前の狼煙台付近も野草が多い、しかし、この時期は少ない種類だけだった。

IMG_7554.jpg

ホツツジ、亜高山の花、クリッとねじれた姿が可愛い、好きな野草だ。

IMG_7560.jpg

タカネシロニガナ、亜高山に来ている実感がわく、風爽やかな場所で花を愛でる充実感、たまりません。

帰りは長い保守用道路をノンビリと降る、キョロキョロしている時間の方が長い。(笑)

himeutugi.jpg

ヒメウツギ。

IMG_7581.jpg

クガイソウ、昨年より咲いている面積が増えたみたいだ、路傍はクガイソウだらけになっていた。
標高が下がってくると植生も変わる、林や高原に咲く花が目立つようになる。

ouyamafusuma.jpg

オオヤマフスマ、小さい小さい花、直径5mmくらいの花、この一株しか見つけられなかった。

IMG_7522.jpg

弟切草・・・ピンボケ御免でやんす。

yamabukisyouma.jpg

ヤマブキショウマ、モソットしているがzoomの世界では一花一花が素敵な花の集合体。

先行する妻が野草を見つけては教えてくれる、楽しい会話が尽きない。

IMG_7542.jpg

ウツボグサも里と違って芯棒が長くて太い、ようやく山の物をみられたので違って見えるのかも知れない。

だんだんと終点が近くなる、お目当ての花を探す。

IMG_7591.jpg

ゲンノショウコ、大好きな野草発見、フウロ科の野草、品の良さは山野草のなかでもトップクラスだと思う。

IMG_7520.jpg

里ではとっくに終わっているヤマホタルブクロもまだまだ咲いていた。

IMG_7586.jpg

自生のオオバキボウシにクマ蜂が突っ込んでいる、お尻モゾモゾ・・・可愛いネ!

出口の横に咲いていたオカノトラノオ

IMG_7600.jpg

白い花にモンシロ蝶、ハイキング終了を飾る素敵な光景で楽しい山歩きは終了した。

途中、不思議な蝶に遭遇した、飛んでいる時は赤い色や黒が目立つ、が、停まると・・・

IMG_7596.jpg

まるで枯れた木の葉、間違いなくテング蝶の仲間だろう・・・しかし、自然の造形は不思議だ。

念願の山歩きは楽しく終了した、妻と歩く山の時間は楽しい、間をおいて企画しようと思う。

コメント