森のムラサキシジミ

marukei地方は連日の猛暑・・・!!!
今日の予報は38度、日中はとてもじゃないが外を歩くわけにはゆかないだろう。

それでも少し日が陰ると散歩に出かけるようにしている、なるべく木陰のある林や森に出かける。
この日は広久手の森と海上の市道沿いの散歩。

IMG_7454.jpg

森の中にムラサキシジミ、いつみても鮮やかなブルー、なかなか出会えないシジミ蝶にほっこり。
春の第一世代から生まれた第二世代だろう、森の中で第二世代の蝶達に出会えた散歩だった。



いくら森の中とはいえこの時期の散歩は”飲み物必携”、熱中症対策を忘れてはいけない。
帽子、タオル、飲料水をぶら下げて森に入る。

しばらくご無沙汰していた森の蝶達がお出まし。

IMG_7463.jpg

ルリシジミだろう、ついに羽を広げることはなかった、表羽のルリ色が見たかった。

komisuji.jpg

コミスジ、胴体が虹色に輝いて美しかった、地面で塩分を取ると高い木の上に停まって休んでいた。

himejyanome.jpg

ジャノメ蝶、裏羽の蛇の目模様が美しい、森の雑草地帯にひっそりと休んでいた。

kurokomanotyou.jpg

クロコマノチョウ・・・不思議な蝶、蛾ではない、夏型の森林生タイプだろう。
ジャノメ蝶亜科、森の枯葉の中で動かないので見つけにくいのだが、暑いのだろう地面で塩分補給中だった。

IMG_7466.jpg

真夏の降り注ぐ日差しと”うるさいほどの蝉しぐれ”、森のいたるところに抜け殻がある。

この季節の森や林は花も少ない、それでも季節らしい野草が咲いている。

IMG_7449.jpg

オニドコロ、蔓性多年草、肉眼では判別不能な小さな花をびっしりつけている、雑草地帯はこの花でうめられている。

IMG_7458.jpg

ヌバビトハギ、小川沿いや湿った地に多い、この花も小さい、zoom専用機は嬉しい。

IMG_7470.jpg

アキカラマツ、キンポウゲ科の有毒植物、ナァ~ンていったら嫌われそうです、鹿児島県ではレッドデータ危惧種らしい。

IMG_7467.jpg

ナツフジが咲いていた、真夏にフジの花、粋ですナ!

タマムシを探してうろついたが今回も発見できなかった、草むらを覗いていたら

IMG_7469.jpg

ツユムシと目が合った、逃げもせずに見つめらた。

こう熱くては森の散歩も毎日は続けられない、アァ~”タマムシ君”、いつ逢えるやら・・・。

コメント