許されざる者

全国的な猛暑は続く、当地も例外なし、隣の多治見市は連日の39度超え・・・
当地も39度には到達しないが猛烈な熱さが続く、出かける気力を振り絞って行動にうつす。

季節の野草を探しに照りつける太陽を怨めしく見ながら海上、広久手の森に出かけた、お目あては・・・

IMG_7629.jpg

ミズタマソウ、ミクロな野草、森の妖精だと思う、それはそれは小さい花、所狭しと咲いていた。

野草に出会う前、森の入り口でとんでもない事に遭遇した・・・


この時期に必須の自前の虫除けが無くなった、早速に補充、妻のリクエストは濃いめ。

IMG_7623.jpg


はっかスプレイ、marukei製作所手造り、簡単である、はっか原液を好みの量で、エタノールで希釈して水を足す。
\100均スプレイボトルに入れれば完成、スーットして快適、妻のお気に入り、藪蚊にてき面に効果がある。


森の大分手前の日陰に駐車して森の入り口に向かった、が、何か異様な光景が目に入った。

IMG_7653.jpg

ゴミの山で入り口がふさがれている、そして異様な臭い。

IMG_7625.jpg

アスベストだった、誰かが4tトラックで捨てて行ったのだろう、環境破壊どころか人体に多大な影響を及ぼす。
センターは気がついているのだろう、警察の現場保存かもしれない、しかし、このままで良いの?

人の心はここまで荒んだか、情けない・・・”許されざる者”を摘発してほしい。

ミズタマソウを求めて森の奥まで歩いたが心が晴れない、森の奥でミズタマソウの群生を見つけた。

IMG_7637.jpg

可憐だネ、ミズタマソウの名の如く姿が美しい、満足だが心が晴れない。
森の中は10度以上違う気がするほど暑くは無い、せせらぎと森のマイナスイオンを肺一杯に吸い込む。

IMG_7642.jpg

せせらぎ沿に咲くダイコンソウが一層に涼しくさせてくれた。

残念で残念で歩く楽しみも失われた、海上のセンターに撤去の申し入れをしようか迷ったが
様子を見るしかないと考えた、うつむいて歩いていたら聞き覚えの鳴き声が森の奥から聞こえた。

IMG_7648.jpg

アオゲラだった、少し前の巣立ちを思い出した。

IMG_7650.jpg

滅多に撮れない野鳥・・・荒んだ心だったが少しは持ち直した、しかし、出口で同じ気持ちになってしまう。

悪い輩は山ほどいるのだろう、残念で仕方がない、しばらくはこの森に訪問出来そうもない。

コメント