蝉しぐれの森

家の中で聴く蝉しぐれは暑さを助長させる、散歩に出かけるにも思い切らなければならぬほどの暑さが続いている。

IMG_7685.jpg

森の中は”蝉時雨”・・・涼しさも手伝って心地よく聞こえる、夏真っ盛り!



日向を歩くのは辛すぎる、青空に入道雲、遠くで雷が鳴る午後。

IMG_7668.jpg

森の道へ入ると体感温度が10度以上違う気がする、汗はでるが不快な気持ちにならない、少し長く歩くことにした。

小川沿いにトンボが遊ぶ。

hagurotonnbo.jpg

ハグロトンボ、真っ黒い羽にきらめく美しい胴体、天然美の色彩は見事だ。

kiitotonnbo.jpg

キイトトンボ、これも美しい、小さくて細い身体をユラユラと動かしては葉に停まる、写すのは骨が折れる。

森の中の野草は少ないがミズタマソウがあちらこちらに咲いていた。

IMG_7669.jpg

可愛い野草だと思う。

森の分岐路に到着、木蔭で汗を拭いてお茶を飲む。

IMG_7682.jpg

足元にゲンノショーコが咲いていた、高い山の花よりも少し小ぶりだが品の良さは変わらない。
道を海上の里へ向かった、森の出口を越えるとそこは夏の陽射しが容赦なく照りつける里だった。

IMG_7690.jpg

汗が噴き出す、かなりの暑さだ。

IMG_7688.jpg

トンボも暑いのだろう、彼らは暑い時はピンと尾っぽをたてる、このトンボも尾をたてていた。

青空だが雷が近くに聞こえる、一雨来るかもしれない、傘も無いので市道を駐車地に向かって戻った。

IMG_7705.jpg

駐車地の近くで中型の蝶が歩道に降りてきた、裏羽でわかるのはタテハ類だ。

IMG_7707.jpg

静かに待った、ようやく開いてくれた、”ルリタテハ”今年の第2世代の登場、見事な瑠璃色ラインだった。

IMG_7660.jpg

キハギの花を撮ったらカメラを収納、麦わら帽子を助手席に置いたらエアコンを最大にする。
涼しい風にあたってお茶を飲む、4km少しの道のりは長く感じた、自宅へ戻ったら”蝉時雨”・・・こちらは暑く感じる!

コメント