ガーデンの花

湿地から森の道をエイコラ歩いて緑化センターに到着、妻の背中には氷嚢で冷やされたお茶や
コンビニで購入したお弁当が入っている・・・腹ペコのmarukeiは一刻も早く休憩場所に着きたい。

計画では大きな木の下の風通しが良い芝生の上、場所も決めていたが・・・

IMG_7781.jpg

・・・散水中、涼しげな芝生の木陰も近寄れない・・・、あたりを見回すと全て散水中、ガックリ!



別な場所を探すと言うmarukeiの提案をキッパリと断る妻、花を見ているうちに場所はあるとも言う。

小径から出た場所はオーストラリア庭園の側、まずは此処から歩くことになった。

IMG_7780.jpg

咲き残りのブラシの木の間を通って庭にでるとお花畑だった。

IMG_7778.jpg

セセリ蝶が吸蜜する明るい花畑だ。

IMG_7779.jpg

シジミ蝶も蜜を求めて忙しい、腹ペコを忘れてシャッターを押し続けた。

野草が多いロックガーデンに向かった、散水の水が風に乗ってくる、怨めしい木陰を横目に歩く。

IMG_7782.jpg

芝生園にポッコリとお花畑、散水してもらったので活き活き、花のキャンパスは美しい。
ロックガーデンに到着、ここからはそれぞれに歩いて野草探し、ガーデンの散水はマダみたいだ。

IMG_7783.jpg

カリガネソウもあまりの暑さにしぼんでいた、花も水が無ければ枯れてしまう。

IMG_7785.jpg

ツリガネニンジンも勢いがない、オジサンたちの散水を待ちわびているのだろうか。
暑くても元気の良い野草も咲いている。

IMG_7789.jpg

背の高いツユクサ、よく見るとやはり元気がない。

higotai.jpg

ヒゴタイ、キク科の花だがおよそキクの特徴は無い、が、暑いのに元気が良い。

IMG_7787.jpg

カワラナデシコ、これも元気、さすが山の花だ、たった一輪だがmarukeiの目を楽しませてくれた。

IMG_7795.jpg

ワレモコウ、この花を見ていると高原の秋を思い出す、行きたいな山の高原。

IMG_7790.jpg

コミスジが飛んでいたので追いかけていたら、”ここが良いよ!”と妻の声。
木蔭のベンチ、風も通る、昼食場所決定、シートをひいて冷たいお茶が美味しい。

腹ペコのmarukeiはむしゃぶりついた、休憩していたらオジサン登場、散水開始、ガーデンの野草に嬉しいプレゼントだ。

お腹がいっぱいになったので本来の目的の買い物が待っている、近道で戻ることにした。

IMG_7796.jpg

出口の近くに咲いていたシモツケ、また来てネ!と囁いてくれた、

コメント