夏休みは終わる

marukei地方の子供たちの夏休みは8/30まで、冬は短いが夏は長い休み。
もう最後の日を迎える、宿題を終えたのだろうか・・・残暑の水辺に歓声が響きわたる。

IMG_8019.jpg

お爺ちゃんも一緒に座る・・・心が和む、こんな素敵な光景は久しぶり、みんなが楽しむ夏休み最終日近い午後だった。



西日に追いかけられるように歩き始める。

IMG_8000.jpg

真夏が戻ったような天気、33度を超えていた、西日に背中が熱くてたまらない。
目的はプチトレーニング、膝とモモに負荷をかける、岩屋堂の森の中、嫌になるほどの急坂を登る計画。

IMG_8003.jpg

目的地まではゆっくり、ススキの穂を愛で。

IMG_8005.jpg

秋の知らせには、いつ拾いに来ようかと思いを巡らせて歩く。

IMG_8006.jpg

入り口に到着、ここは無料駐車場の上部、岩屋堂遊歩道の起点でもある、歩く人もいないので手入れはされていない。
メイン道路は賑やかだ、無料駐車場4ケ所は満車、夏休み最後の水遊びの人たちが行き交う。

             IMG_8008.jpg

到着・・・この坂は250m歩く間に単純標高差74mを登る、傾斜は30度以上の箇所もある、木の階段は500段以上だ。
写真の最上部でもまだ1/3の距離、marukeiは休憩なしで登ったのは数える程度しかない。

週初めの西穂の稜線、山荘手前から急坂、山荘からも丸山まで急坂なのは経験しているので訓練のために登る。

IMG_8010.jpg

途中、立ち休憩を3回、ようやく最後の階段だ、何とか登れた、膝もモモも最初は悲鳴を上げたが大丈夫だった。

しかし、蜘蛛の巣が半端じゃない、誰も歩かないので2m間隔で道を塞ぐ、枯れ枝を拾って除去するが
体中、顔、頭まで蜘蛛の巣だらけになってしまった、急きょ訓練中止、東海自然歩道に降りた。

東海自然歩道も蜘蛛巣だらけ、たまりまセブン、公園に急ぎ戻る、バーベキューの臭いがする公園まで戻って一息。
その足で上部へ向かった。

IMG_8013.jpg

”エッ!”、出たんだ、そうだろう、この先三国山山系では毎年熊が出る、山続きなのだ。

IMG_8014.jpg

熊が喉を潤した場所に違いない、冷たくて美味しそうな水が勢いよく流れる。

帰りは人混み中、仲良く遊ぶ子供たちを横目でみながら自宅方面に歩いた。

oonisikisou.jpg

開発で削り取られた土手の一画に咲いていた野草、”オオニシキソウ”、外来帰化植物。

やはり強い、掘られようが削られようがしぶとく子孫を反映させる。
少し元気がないmarukei、気持ちの問題だろう、これから毎日雨の予報、歩ける日は少なくなる、写真のストックなし。

blogに乗せる写真も記事も無くなりそうだ・・・こりゃ問題だ、傘さして歩く日がありそうだ。

コメント